Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
ranslate to Japanese to VSTS release notes from https://docs.microsoft.com/ja-jp/vsts/release-notes/2017/oct-30-vsts

クエリ編集の強化とリリースエクスペリエンスの刷新 – VSTS Sprint 125 Update

Visual Studio Team Services(VSTS)のSprint 125アップデートでは、いくつかのクエリの編集とエクスペリエンスの一貫性の向上と、刷新されたリリース作成ダイアログが表示されます。 以下のリリースの作成エクスペリエンスの詳細をご覧ください。

このほかに含まれる重要な機能のハイライトを紹介します。

注意事項

これらの機能は今後三週間にわたって順次展開されます。

Work

モダン化された列オプション

BacklogQuery、およびTestハブのwork itemグリッドの列の設定に使うColumn optionsダイアログは、新しいパネルデザインを使用するように更新されました。フィールドを検索したり、ドラッグアンドドロップして列を並べ替えたり、不要になった既存の列を削除したりできます。

Modernized column options

Not In クエリ演算子のサポート

"In"クエリ演算子をサポートするフィールドでも、 "Not In"をサポートするようになりました。作業項目「Not In」に対してIDのリスト、「Not In」の状態のリストなどを作成すれば、多くの場合、すべての入れ子になった「Or」節を作成する必要はありません。この機能は、顧客の提案に基づいて優先順位が付けられました。 それらのアイデアを提出し、あなたにとって最も重要なものを投票してください。

Not In query operator

Planのフィルタリング

Delivery Plan拡張機能では、一般的なフィルタリングコンポーネントが使用され、ワークアイテムやBoardのグリッドフィルタリングエクスペリエンスと一致しています。 このフィルタリング制御により、チームのすべてのメンバーに使い勝手が向上し、一貫したインターフェイスが提供されます。

Filtering on Plans

work itemルールで読み取り専用に設定

今年の初めに、カスタマイズ可能な作業項目ルールをVSTSに導入しました。 今回のアップデートでは、作業項目ルールに読み取り専用アクションを導入することで、さらに多くのオプションを提供できることを嬉しく思います。 以下は、この新しい機能を活用するために作成できるルールの例です。

  • 作業項目の状態がResolvedの場合、Remaining Workを読み取り専用にする
  • ワークアイテムの状態がClosedの場合、Assigned Toを読み取り専用にする
  • Approvedの値がtrueの場合、 Reviewed Byを読み取り専用にする

read-only work item rules

Code

pull requestに言及する

PRコメントやワークアイテムの議論でプルリクエストについて言及できるようになりました。PRに言及する経験は、作業項目のそれに似ていますが、ハッシュマーク#の代わりに感嘆符を使用します。

PRに言及したいときはいつでもと入力すると、最近のPRのリストからPRを選ぶインタラクティブな体験ができます。提案のリストをフィルタリングするキーワードを入力するか、言及したいPRのIDを入力します。PRが言及されると、それはIDと完全なタイトルと共にインラインでレンダリングされ、PR詳細ページにリンクされます。

Mention a pull request

diffビューでの行折り返しと空白の動作切り替え

ファイル差分ビューアーでは、Toggle Word Wrapの切り替えとToggle White Spaceの切り替えの2つの新機能が利用できます。最初の設定では、差分表示中に単語の折り返し設定を適用できます。これは、改行が頻繁に行われないファイルを含むPRをレビューする場合に特に便利です。markdownファイルが良い例です。 空白を切り替えるオプションは、行またはファイル内で空白だけが変更された場合に役立ちます。 この設定を切り替えると、差分の空白文字(空白の場合は点、タブの場合は矢印など)が表示され、強調表示されます。

これらの設定を切り替えるには、F1キーを使用してコマンドパレットにアクセスします。 次に、切り替える設定を選択します。

Toggle in diff views

Package

Package Managementでのフィルタリング

Packagesページが、標準のページレイアウト、コマンドバーコントロール、および新しい標準フィルタバーを使用するように更新されました。

Package UX unified filter bar

Release

リリース作成機能の刷新

新しいCreate new releaseエクスペリエンスは、作成前にパイプラインを視覚化するのに役立ちます。 さらに、自動的に起動される環境では、環境をクリックしてトリガーを自動から手動に切り替えて、パイプラインへの影響をすばやく確認できます。

Updated create release experience

リリース成果物ソースでのGitHub接続のインライン化

リリース定義に成果物を追加するとき、成果物選択パネルから直接新しいGitHub接続を作成できるようになりました。OAuthまたはPATトークン認証メカニズムから選択します。ビルド定義エディタでのエクスペリエンスと似ています。

Inline GitHub connection

Azure Resource Group task - Deployment outputs as variables

Azure Resource Managerテンプレートを使用すると、Azureデプロイ後に返す必要のある出力を定義できます。 Azure Resource Group Deploymentタスクを拡張して、デプロイメントオブジェクトの出力JSONセクションをタスク出力パラメータ:< Task Reference name>.DeploymentOutputsとして公開しました。リリース環境の後続のタスクで使えるように、JSONオブジェクトをさらに解析して(そして、個々の出力値にアクセスする)ことができます。

Azure Resource Group task exposes deployment outputs

General

アバターを円形に変更

アバターが円形になりました! サービス内のすべてのプロフィール写真は、正方形ではなく円の形で表示されるようになりました。例として、この変更の実際のpull requestをお見せします(円形の非正方形のアバターになってますよ)。

Circle avatars

Project tags

重要なキーワード(タグ)でプロジェクトを飾ることができます。 タグは、管理者がプロジェクトのホームページから直接簡単に追加および削除することができるため、ユーザーはプロジェクトの目的と範囲の詳細をすばやく理解できます。プロジェクトのタグをどのように活用できるのかについてもっと計画していますので、今後のさらなるニュースを待ってください。

Project tags

Feedback

これらの機能についてどう思っているかお聞きしたいと思います。フィードバックメニューを使用して、優先順位を付けたいと思っていることに関するアイデアがある場合は、問題を報告するか、提案をしてください。

Feedback menu

アドバイスや回答が必要な質問がある場合、Stack Overflowコミュニティで聞いてください。

ありがとうございました。

Aaron Bjork

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment