Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
translate to Japanese to VSTS release notes from https://www.visualstudio.com/en-us/articles/news/2017/jun-22-team-services

WebビューでのGitタグ、ビルド定義のインポート/エクスポート、ユーザー管理機能の強化 - 2017/6/22

Last Update: 6/22/2017
注意事項: ここで記述されているこれらの機能強化は今後三週間にわたって順次展開されます。

リラックスして聞いてください。私たちは、製品全体でこのスプリントを更新しています。

私たちがしばらくWebポータルを進化させ続けていることに気づいたでしょうか。 私たちは、ポータルが製品とやりとりする主要な方法だと認識しています。 私たちは、全体的なWebエクスペリエンスを大幅に向上させたいと考えており、段階的に進んでいます。 偉大なウェブ体験を持つことは、私たちに複数のことを意味します。あなたが必要とする作業を容易に達成できることを意味します。 それはアクセス可能な経験であることを意味しており、チームの誰もが使用できるものです。視覚的に魅力的な体験と楽しい仕事をすることを意味します。

まったく新しくない機能に加えて、私たちの多くの例が、このスプリントのすべての目標に沿ってWebポータルを改善するための措置を引き続き実行しています。これから詳細を紹介します!

プロセステンプレート間の共有フィールド

フィールドを作成する場合、新しいフィールドを作成するか、既存のフィールドを使用するかを選択します。 今回の強化により、異なるプロセステンプレートの既存のフィールドを使用することが可能になりました。 これにより、異なるプロセスを使用するチームプロジェクト間でクエリを使って照会するのに役立ちます。

もし、共有フィールドの説明または選択リストの値を変更すると、フィールドが使用されているすべての作業項目タイプに影響します。

Fields across processes

Work itemアイコン変更

我々は、顧客が製品のどの機能にもアクセスできるよう、世界的な取り組みを行ってきました。この取り組みの一環として、私たちはキーボードのパターンから視覚的なデザインやレイアウトに至るまで、さまざまなアクセシビリティの問題を見つけて解決するために取り組んでいます。

作業項目の追跡は、作業項目の種類を伝えるエクスペリエンスにおいて、多くを色のみに依存していました。しかし、色盲もしくは弱視のユーザーにとって、色が似ているだけというのは項目が区別しにくいという問題があります。すべてのお客様の作業項目タイプをぱっと見で見分けられるように、ビジュアル言語に作業項目タイプのアイコンを導入しました。作業項目の種類をアイコンライブラリから選択して、カスタマイズできます。

バックログ上のタイプを伝えるカラーバーとクエリグリッドは色付きのアイコンに置き換えられています。

Colored icons in query

ボードのカード上のアイコンも種類別のアイコンが含まれています。

Board with icon type

作業項目フィールドの線の表示切替

ここ数カ月の間、より伝統的なユーザーは作業項目フォームにフィールド境界線を持たないことが混乱を招き、ホームから離れすぎていることがわかりました。この混乱を軽減するために、このスプリントでは、作業項目フィールドの境界線を表示/非表示するためのプロファイル設定を有効にしました。この設定を有効にするとフォームをより伝統的な外観になるので、ユーザーに最適な設定が選択できるようになります。

Chrome-less work item form

あなたのVisual Studioプロファイルから設定を変更してください。

profile setting

拡張機能による作業項目保存の抑止

ワークアイテムフォームのカスタムコントロール、グループ、およびページで、ワークアイテムの保存をブロックしてデータを検証し、ワークアイテムフォームを保存する前に入力しなければならない情報をユーザーが確実に入力できるようになりました。

pull requestコメントのおりたたみ

レビューコードはpull requestエクスペリエンスにおける重要なパーツです。そこで、レビュー担当者がコードに集中するのを容易にするための新しい機能が追加されました。 コードレビュー担当者は、新しいコードを初めて確認する際に、簡単にコメントを非表示にすることができます。

Hide comments

コメントを非表示にすると、ツリービューからコメントが隠され、ファイルビューのコメントスレッドが折りたたまれます。

Collapsed comment

コメントが折りたたまれている場合、余白のアイコンをクリックして簡単に拡大してからもう一度クリックすると折りたたまれます。 ツールチップを使うと、スレッド全体を見ることなくコメントを簡単に覗くことができます。

Collapsed tooltip

コメント付き承認時のワークフロー強化

pull requestでauto-completeオプションを使用すると生産性を向上させることができますが、コードレビューアとの活発なディスカッションを短くするべきではありません。これらの議論をより円滑にするために、pull requestが自動的に完了するように設定されたときに、Approve with suggestions投票が表示されるようになりました。 ユーザーは、auto-completeをキャンセルしてフィードバックを読むことができるようにするか、auto-completeセットを保持し、すべてのポリシーが満たされたときにpull requestが自動的に完了するようにするオプションがあります。

prompt

pull requestツリーでファイル名でフィルタリング

pull requestで特定のファイルを見つけることがこれまで以上に簡単になりました。 Fileビューの新しいフィルタボックスを使用すると、ユーザーはツリービューのファイル一覧をフィルタできます。

unfiltered

フィルタは、pull request内のファイルのパスの任意の部分に一致します。したがって、フォルダ名、部分パス、ファイル名、または拡張子で検索できます。

filtered

コミット詳細ページのpull requestコールアウトを豊富に

コミットの詳細ページのpull requestコールアウトには、より適切な診断に役立つより関連性の高い情報が表示されます。次に、任意のブランチにコミットし、デフォルトブランチに関連付けられたpull request最初のコールアウトとします。

pull request callout

Codeでフィルタツリービュー

コミットのすべてのファイルをスクロールさせて、あなたのファイルに影響のあるファイルをスクロールさせる必要はありません。コミットの詳細、pull request、シェルフセットの詳細、チェンジセットの詳細ページのツリービューで、ファイルとフォルダのフィルタリングがサポートされるようになりました。 これは、フォルダ名でフィルタリングしたときにフォルダの子ファイルを表示し、ファイル名でフィルタリングしたときにファイルのツリービューを表示してファイル階層を表示するスマートフィルタです。

コミットツリーでファイルまたはフォルダフィルタを検索します:

find a file filter

コミットツリーでのフィルタビュー。

filtered view

ウェブビューでのGitタグ

タグビュー

リポジトリのすべてのタグは、Tagページで表示できます。すべてのタグをリリース用に管理する場合、ユーザーはタグページにアクセスして、すべての製品リリースを俯瞰できます。

view tags on tags page

軽量タグはコミット情報のみを表示するのに対し、注釈付きタグは関連するコミットと一緒にコミットの情報と作成日を表示するので、軽量タグと注釈付きタグを簡単に区別できます。

タグ削除

リモートリポジトリからタグを削除することがあります。タグ名のタイプミスか、間違ったコミットをタグ付けした可能性があります。Tagページのタグのコンテキストメニューをクリックし、Delete tagを選択すると、VSTS UIからタグを簡単に削除できます。

注意:リモートリポジトリでのタグの削除は注意して実行しなければなりません。

delete tags

タグのフィルタリング

古いリポジトリの場合、タグの数は時間の経過とともに大きくなる可能性があります。 階層内に作成されたタグを持つリポジトリも存在する可能性があり、タグを見つけるのが難しくなる可能性があります。

探しているタグがタグページで見つからない場合は、タグページの上部にあるフィルターを使用してタグ名を検索するだけです。

filtering tags

タグのセキュリティ

タグを管理するリポジトリのユーザに詳細な権限を与えられます。このインターフェイスからタグを削除したりタグを管理したりする権限をユーザに与えられます。

tags security

gitタグの詳細については、Microsoft DevOpsのブログをご覧ください。

ビルド定義のインポートおよび、エクスポート

ビルド定義は内部で.jsonファイルとして実装されているので、ファイルの履歴で変更に関する詳細が確認できます。ビルド定義からテンプレートを複製して作成することはできますが、多くのユーザーはCIビルドロジックのコピーを取って、別のチームプロジェクトで再利用したいと思っていました。 実際、これはUserVoiceのトップ10のリクエストでした。

今この発表ができることがとてもうれしいです!

export build definition

import build definition

Visual Studio の最新のホストエージェントプール

ホスティングエージェントと異なるバージョンのVisual Studioをどう扱うかというモデルを変更しています。 アーキテクチャ上、ストレージ上、およびパフォーマンス上の制限があるため、単一のホストエージェントプールに複数のバージョンのVisual Studioを提供することはもうありません。 これらの変更の履歴と根拠の詳細については、Visual Studio Services VS Hosted Poolsを参照してください。

このリリースでは、以下の変更があります:

  • ビルド定義を作成する際に、明示的にキューを選択する必要があります(デフォルトはありません)。
  • 作業を簡単にするために、デフォルトのキューをProcessセクションのTaskタブに移動しました。

default build queue on tasks tab

  • Visual Studio BuildタスクとMSBuildタスクは、バージョン引数のLatest設定にデフォルト設定されるようになりました。

もっと多くの変更を見つけるでしょう。たとえば、次のHosted pool(および対応するキュー)は次のようになります。

  • Hosted VS2017
  • Hosted VS2015
  • Hosted Deprecated (previously called “Hosted Pool”)
  • Hosted Linux Preview

リマインダー:hosted XAMLコントローラーの廃止

重要 2017年7月1日に廃止予定のホストされたXAMLビルドコントローラをシャットダウンします。このシャットダウン後、ホストされたエージェントを使用してXAMLビルドを実行できなくなります。

新しいタスクベースのビルドシステムに移行することをお勧めします。これには、ビルドを実行するホストされたエージェントへのアクセスが含まれます。 最近公開されたmigrate from XAML builds to new buildsを参照してください。

ただし、移行中にXAMLビルドを実行する必要がある場合は、今すぐプライベートXAMLビルドコントローラを設定する必要があります。 プライベートXAMLコントローラとエージェントを使用するには、アカウントに十分なプライベートパイプラインが必要です。 詳細については、 I’m looking for the hosted XAML build controller. Where did it go?

ビルド概要ページにビルドメニューを追加

ビルド概要ページから、他の定義のビルド概要にナビゲートできるようになりました。

pick a build definition from the build summary

このコントールは履歴ページでも使えます。

Releaseトリガー: Gitレポジトリへのプッシュ時の継続的デプロイ

リリース管理では、ビルドが完了時継続的な展開を構成する機能が常に提供されています。 ただし、Git Pushで継続的なデプロイメントを設定することもできます。 つまり、GitHubリポジトリとTeam Foundation Gitリポジトリを成果物のソースとしてリリース定義にリンクし、Node.JSやPHPなどのビルドから生成されないアプリケーションのために自動的にリリースをトリガすることができるため、ビルドアクションは必要ありません。

サーバー側のタスク強化

サーバーサイドのタスク(サーバーフェーズ内で実行されるタスク)を2つ強化しました。

自動パイプラインの一部として汎用HTTP REST APIを呼び出す新しいタスクを追加しました。たとえば、Azure Functionの特定の処理を呼び出し、処理が完了するまで待機するといった用途が考えられます。

new task REST API

また、すべてのサーバー側のタスクにControl optionsセクションを追加しました。タスクの動作には、EnabledContinue on error, Always run、およびTimeoutオプションの設定が含まれるようになりました。

control options

Azure Key Vaultに格納した秘密の情報を値から読み取り可能に

我々は、Team Servicesのvariable groupsをAzure Key Vaultとリンクできるようにし、Key Vaultの秘密情報にアクセスできるようにしました。これは、Team Servicesの秘密変数がAzure Key Vault内で完全に秘密の値を管理できることを意味します(たとえば、パスワードのローテーションなど)。

Variable Groupsページでこの機能を有効にするには、Link secrets from an Azure Key Vault as variablesトグルボタンを使用します。 vaultの詳細を設定した後、+Addを選択し、この変数グループにマップされるVaultから秘密の情報を選択します。

add secrets

Azure Key Vaultにマップされた変数グループを作成した後、Variable groupsに記載されているように、その変数をリリース定義にリンクすることができます。

値は変数グループ変数にマッピングされるのはvaultの名前だけであることに注意してください。 各シークレットの実際の値(最新バージョン)は、リリース中にフェッチされ読みだされます。

Package Managementエクスペリエンス向上

デフォルトでパッケージ管理を有効にしたときに更新されたパッケージ管理のエクスペリエンスについていくつかの素晴らしいフィードバックがありましたので、更新しました。

パッケージURLは、GUIDを使用するのではなく、パッケージ名とバージョンで動作するようになりました。 これにより、パッケージのURLを手作業で簡単に作成できます。 形式は次のとおりです。https://.visualstudio.com/<project|team>/_packaging?feed=&package=&version=&protocolType=<NuGet|Npm>&_a=package.

Friendly URI

You can now hide deleted package versions from all feed users (no more strikethrough packages!), in response to this UserVoice suggestion.

このUserVoiceの提案 に応じて、削除されたパッケージのバージョンをすべてのフィードユーザーから隠すことができます(取り消し線がついたパッケージはなくなります)。

hide

パッケージの詳細ページで実行できるアクションは、パッケージリストのコンテキストメニューから実行できるようになりました。

パッケージリストには、最近更新されたパッケージを簡単に見つけることができるように、人間が何日前の更新かわかりやすくする、Last pushed列が含まれています。

Last Pushed Column

Packageビルドタスク更新

GitHubのvsts-tasksリポジトリに記録されているほとんどの問題の修正を含め、NuGetnpmMaven、およびdotnetのビルドタスクを包括的に更新しました。

新しい統合されたNuGetタスク

私たちはNuGet RestoreNuGet PackagerNuGet Publisherのタスクを統合されたNuGetビルドタスクに統合し、残りのビルドタスクライブラリとの連携を強化しました。 新しいタスクはデフォルトでNuGet 4.0.0を使用します。 したがって、私たちは古いタスクを廃止しました。新しいNuGetタスクに移行することをお勧めします。 この変更は、以下に示す改善された波と一致します。これは、結合されたタスクを使用してのみアクセスできることです。

この作業の一環として、新しいNuGet Tool Installerタスクをリリースしました。このタスクは、PATH上で使用可能なNuGetのバージョンを制御し、新しいNuGetタスクで使用します。したがって、新しいバージョンのNuGetを使用するには、ビルドの開始時にNuGet Tool Installerタスクを追加するだけです。

NuGet

npmビルドタスク更新

Windows、Linux、またはMacでnpmプロジェクトを構築する場合でも、新しいNPMビルドタスクに対応します。 また、npm installnpm publishの両方を簡単に行うための作業を再編成しました。 installpublishに関しては、プロジェクトの.npmrcファイルに記載されているレジストリの資格情報をサービスエンドポイントに安全に保存できるように、資格情報の取得を簡素化しました。 VSTSフィードを使用している場合は、フィードを選択できるピッカーがあり、ビルドエージェントで使用されている資格情報を含む.npmrcが生成されます。

アカウント/コレクション外での動作

VSTSアカウント外のフィード、別のVSTSアカウントのPackage Managementフィード、TFSサーバー、NuGet.org/npmjs.com、Artifactory、MyGetなどのパッケージ以外の管理フィードなどを使う場合のフィードを使用する方が簡単になりました。 NuGet、npm、およびMavenの専用Service Endpointタイプを使用すると、正しい資格情報を簡単に入力して、ビルドタスクをパッケージのダウンロードおよびパッケージプッシュ操作全体でシームレスに動作させることができます。

Cross-account

VSTS/TFSフィード用のフィードピッカー

ソースリポジトリにパッケージがどこから来たのかの記録があるように、設定ファイル(NuGet.Config、.npmrcなど)をチェックインすることを常にお勧めします。 しかし、これは理想的ではないシナリオを聞いたので、ビルドステップのためにUse packages from this VSTS/TFS feedオプションを追加しました。これにより、フィードを選択し、使用される設定ファイルを自動的に生成することができます。

feed picker

NuGetの“Allow duplicates to be skipped”オプション

NuGetの多くの顧客からはパッケージのセットが生成されていると聞きましたが、そのうちのいくつかだけがアップデートを持っている可能性があります(したがって,バージョン番号がアップデートされます)。NuGetビルドタスクには、Allow duplicates to be skippedオプションが新しく追加されました。このオプションを使用すると、バージョンが既に使用されているVSTS / TFSフィードにパッケージをプッシュしようとすると、タスクをスキップします。

Mavenとdotnetで認証ありフィードのサポート

以前、NuGetnpmとは異なり、Mavendotnetのビルドタスクは認証されたフィードでは動作しませんでした。 前述の同じよい改良点(フィードピッカー、あなたのアカウント外での動作の強化)をMavendotnetのタスクに追加したので、すべてのPackage ManagementによってサポートされるVSTS / TFSや外部のフィード/リポジトリで簡単に作業できるようになりました。

dotnet

Project Collection Administratorsが支払い可能に

アカウント所有者だけでなく、Project Collect Administratorが最初のマーケットプレイスを購入できるようになりました。これにより、複数のプロジェクトコレクション管理者を含むアカウントでVSTSを簡単に支払うことができます。

Marketplace支払いのための上限拡張を簡単に削除

Visual StudioまたはMSDNサブスクリプションに付属しているAzureサブスクリプションを使用してMarketplaceの購入を支払う場合、使用限度額を削除してクレジットカードを追加する必要があります。このリリースでは、サブスクリプションの支出限度額を簡単に削除できるよう、直接リンクを追加しました。また、マーケットプレイスの購入が中断されないように、無制限の設定を無期限に変更します。 詳細については、How to set up billing Q&Aを参照してください。

deep link to remove spending limit

OAuth権限ページの強化

OAuth権限ページが更新され、ユーザーがアプリケーションを許可するかどうかを決定する前に、ユーザーが権限を認可しているかどうかを簡単に確認できます。

Streamlined user management (プレビュー機能)

プレビュー機能
この機能を使用するには、プロジェクトコレクションの管理者で、自分または自分のアカウントのStreamlined user managementプレビュー機能を有効にする必要があります。

お客様からのご意見をもとに、新しいユーザー管理エクスペリエンスの最新情報を公開しています。これにより、チームメイトの立ち上げと運用をより簡単に行うことができます。

ユーザーの一括削除

Have you ever needed to remove multiple users from an account at once and found it cumbersome? Now, it is as easy as selecting multiple users and choosing Remove user from the drop down.

一度に複数のユーザーをアカウントから削除する必要があったときは、面倒ですよね? ドロップダウンから複数のユーザーを選択し、Remove userで削除できます。

bulk remove users

プロジェクトにユーザーを追加する追加の方法

私たちは、新しいアカウントレベルのユーザーページでユーザーをプロジェクトに追加する機能を維持しましたが、管理者が必要な場合を除いてプロジェクトのメンバーシップを処理する必要はありません。

optional add

サブスクリプションを簡単に表示

新しいエクスペリエンスのBasicサブスクリプション検出では、はっきりと表示することに混乱があり、ユーザーの追加ダイアログからVisual Studio Subscriptionの検出を明示的に選択する機能が復活しました。

view subscriptions

管理者は、Summaryペインからサブスクリプションを選択してアカウントにサブスクリプションを持つユーザーを簡単に表示したり、フィルタリングしたり、ユーザーがサブスクリプションから受け取っているリソースを確認することも容易になりました。

filter users

user resources

販売拡張機能における販売トランザクションのPublisherエクスペリエンス強化

Marketplaceでの拡張機能販売向け売り上げデータの集計ハブ

有償の拡張機能のサイト運営者は、選択した期間または全体の集計データにアクセスできるようになりました。 これには、VSTSとTFS Connectedの拡張ページビュー、トライアル、および購入に関する日々の傾向が含まれます。 ページビューから獲得コンバージョンへの変換も含まれています。 このデータは、独自のカスタムレポートの作成を支援するためにXLS形式でダウンロードすることもできます。

販売トランザクション

このタブでは、エクステンションの取得を理解する傾向を持つライセンス数やアカウント数など、ユーザーのすべてのトランザクション(新規、アップグレード、ダウングレード、キャンセル)の集計数をパブリッシャに提供します。

取得と販売の両方のタブでは、取引の詳細を共有します。これにより、発行者は、日付、口座、変更された数量、試用終了日を含む各取引の詳細にアクセスできます。 このデータは、カスタムレポートを実行するためにXLSで検索およびダウンロードできます。 新しいPublisher statsレポートページの連絡先操作を使用して、取引の連絡を顧客に伝えることもできます。

enhanced publisher experience

Power BIコンテンツパックの設定

パブリッシャーは、Extension Statistics Power BIコンテンツパックを使用して、洞察し、拡張の進捗状況を分析することもできます。 拡張ハブで使用できるすべてのデータ要素は、Power BIコンテンツパックでも利用できます。 コンテンツパックには、完全な分析データモデル(テーブル、関係およびメジャー)、デフォルトレポートのセット、およびデフォルトのダッシュボードが含まれています。 レポートとダッシュボードは完全にカスタマイズ可能ですが、データモデルはカスタマイズできません。 詳細はVisualstudio.comで入手できます。

extension statistics Power BI content pack

私たちは、あなたがこれらの機能について何を考えているか聞いてみたいと思います。Team Services Developer Communityを通じて問題を報告し、Stack Overflowにてアドバイスを受けてください。 いつものように、あなたが私たちに見せたいことについてのアイデアがある場合、あなたのアイデアを追加するか、既存のものに投票するためにUserVoiceに参加してください。

ありがとうございました。

Jamie Cool

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment