Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?

Query by Parent Idのプライベートプレビューを始めました - Sprint 203

今回の更新では、Azure Boardsの複数のアップデートが含まれています。親IDでワークアイテムを照会して、親ワークアイテムに関連づいている子ワークアイテムの一覧を取得できるようになりました。さらに、Move to positionを使用して、カンバン列のワークアイテムの管理が改善されました。これにより、多くのワークアイテムを含むカラムでワークアイテムの入れ替えが簡単にできるようになります。

詳細は、以下の機能説明をご覧ください。

Azure Boards

Azure Artifacts

Azure Boards

親IDを基準にしたクエリ機能を追加しました(private preview)

親を基準にしたワークアイテムのクエリ機能を追加しました。これは、親に基づく子供ワークアイテムの一覧を取得する方法を探しているお客様からの長い間の要望でした。この機能は、クエリのパフォーマンスに影響がないことを確認するために、プライベートプレビューとして開始されます。プライベートプレビューへの参加にご興味のある方は、organization名を明記の上、メールをお送りください

Gif to demo query by Parent Id

カンバンボードで列内の順序の変更ができるようになりました

カンバンボードは、チームの仕事の流れを可視化するために役立ちます。カンバンボードの各列は、作業段階を表します。各カードは、その作業段階でのバックログ項目、ユーザーストーリー、またはバグを表します。さて、カンバンボードの列内の作業項目はMove to positionを使って並び替えができます。これにより、多くの作業項目を含む列で作業項目の再順序付けが容易になります。作業項目を移動するには、アクションアイコン(…)をクリックし、Move to positionを選択します。

Move to column position on Kanban Board

注意事項

Move to positionは、New Boards Hubsのプレビューで利用可能です。

"Will not Fix"という値をBugの理由として設定できるようになりました

他のすべてのワークアイテムタイプと同様に、Bugワークアイテムタイプは明確に定義されたワークフローを持っています。各ワークフローは、3つ以上のStateとReasonで構成されます。理由は、アイテムがある状態から別の状態に遷移した理由を指定します。今回の更新で、アジャイルプロセスのバグ作業項目タイプの値としてWill not fixという理由を追加できるようになりました。この値は、バグを新規またはアクティブから解決済みに移行するときの理由として利用できます。ソフトウェアバグの定義、捕捉、トリアージ、管理方法については、Azure Boardsのドキュメントで詳しく説明されています。

Azure Artifacts

Universal Packageでも複数のorganizationをアップストリームに設定できるようになりました

Azure Artifactsは、アップストリームを使用して他の Azure DevOps OrganizationからUniversal Packages (UPack)を取り込む機能をサポートします。ユニバーサルパッケージのアップストリームは、他のパッケージタイプのアップストリームと同じように設定されます。フィードの設定から、Add UpstreamAzure Artifacts feed in another organizationの順にクリックします。パッケージタイプのオプションとして、Universal Packagesが表示されます(複数可)。

Add a new upstream source

Next steps

注意事項

ここで議論されている機能は今後二~三週にわたって順次展開されます。

これらの新機能を読んだ後、次のリンクからぜひご自身でAzure DevOpsサービスを体験してみてください。

Go to Azure DevOps Services

How to provide feedback

これらの機能についてどう思っているかお聞きしたいと思います。 フィードバックメニューを使用して問題を報告するか、提案を提出してください。

Make a suggestion

アドバイスや回答を必要とする質問がある場合、Stack Overflowコミュニティで聞いてください。

ありがとうございました。 Aaron Hallberg

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment