Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
Translate to Japanese to Azure DevOps release notes(unofficial) from https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/release-notes/2020/sprint-175-update

スケールセットエージェントを一般提供開始しました - Sprint175

ここ数ヶ月の間に、我々はスケールセット・エージェントをプレビュー用にリリースしました。そしてこの度、その一般提供を発表することになりました。

詳細は以下の新機能一覧をご覧ください。

Features

Azure Boards

Azure Pipelines

Azure Test Plans

Azure Boards

ステークホルダーユーザーが複数列をまたがって作業項目の移動ができるようになりました

ステークホルダーでも、カンバンボードとタスクボードの両方で、ボードの列を複数またがった作業項目の移動ができるようになりました。

作業国目に他プロジェクトのビルド結果をリンクできるようになりました

作業アイテムをBuild、Found in build、Integrated in buildにリンクするだけで、プロジェクト間でのビルド依存関係を簡単に追跡できるようになりました。

link work items

システムフィールドの(ヘルプテキスト)詳細説明の編集が可能になりました

これまではカスタムフィールドの説明を編集することができました。しかし、priority、severity、activityなどのシステムフィールドについては、説明を編集することができませんでした。これは、Hosted XMLとInheritedの間にある機能のギャップで、一部のお客様がInheritedモデルに移行するのを妨げていました。スプリント175では、システムフィールドの説明を編集できるようになりました。編集された値は、プロセス内のそのフィールドとその作業項目タイプにのみ影響します。これにより、同じフィールドに対して異なるワークアイテムタイプで異なる記述を持つことができるようになりました。

edit description

Azure Pipelines

スケールセットエージェントの一般提供を開始しました

数ヶ月前にスケールセットエージェントのプレビューを発表しました。この度、この機能の一般提供が始まったことを発表いたします。この2か月間に、さまざまなスケールセット操作を実行する際の信頼性を向上させました。新しい仮想マシンのプロビジョニングのパフォーマンスを向上させる方法についてのガイダンスを更新しました。エージェントをカスタムVM拡張にインストールするロジックを移動し、VMスクリプト拡張スロットを独自のニーズに合わせて活用できるようにしました。最後に、Azure上でスケールアップまたはスケールダウン操作を行った際のエラーを表面化し、診断性を向上させました。

緊急性の高いジョブの優先度をあげられるようになりました

今すぐにでもデプロイしなければならないバグフィックスがあったにもかかわらず、CIやPRのジョブの後ろで待たされてしまったことはありませんか?今回のリリースでは、キューに入っているジョブの優先度を上げることができるようになりました。十分な権限を持ったユーザは、ジョブの詳細ページに"Run next"ボタンが表示されます。このボタンをクリックすると、ジョブはできるだけ早く実行されるように設定されます。(もちろん、利用可能な並列処理と適切なエージェントが必要ですが)。

テンプレートのYAMLのresourcesブロックで式の展開が可能になりました

以前は、コンパイル時の式(${{ }})はAzure PipelinesのYAMLファイルのリソースセクションでは許可されていませんでした。今回のリリースでは、コンテナーに対してこの制限を解除しました。これにより、リソース内で実行時パラメータの内容を使用することが可能になります。我々はこのサポートを他のresourceにも時間をかけて拡張することを計画しています。

Marketplaceからインストール済みタスクにおいて、バージョンを指定できるようになりました

YAMLパイプラインを書くとき、通常は含まれるタスクのメジャーバージョン番号だけを指定します。これにより、パイプラインは自動的に最新の機能追加やバグフィックスを取り込めます。時折、タスクの以前のポイントリリースにロールバックする必要があるかもしれませんが、今回のアップデートではそのための機能が追加されました。YAMLパイプラインで完全なmajor.minor.patchタスクのバージョンを指定できるようになりました。

これを定期的に行うことはお勧めしませんが、新しいタスクがパイプラインを壊していることに気づいたときの一時的な回避策としてのみ使用してください。また、これはMarketplaceから古いバージョンのタスクをインストールしません。あなたのorganizationにすでに存在するタスクでなければ、パイプラインは失敗します。

Example:

steps:
- task: MyTask@1  # a normal, major-version only reference
- task: MyOtherTask@2.3.4   # pinned to a precise version

Azure Test Plans

Microsoft Edgeストアでテストとフィードバックオプションの提供を開始しました

テストとフィードバックアドオンをインストールすることで、Microsoft Edgeブラウザ上で接続モードスタンドアロンモードの両方で探索的テストを実行できるようになりました。詳細については、マーケットプレイスをご覧ください。

edit-description

Next steps

注意事項

ここで議論されている機能は今後二~三週にわたって順次展開されます。

これらの新機能を読んだ後、次のリンクからぜひご自身でAzure DevOpsサービスを体験してみてください。

Go to Azure DevOps Services

Feedback

これらの機能についてどう思っているかお聞きしたいと思います。 フィードバックメニューを使用して問題を報告するか、提案を提出してください。

Make a suggestion

アドバイスや回答を必要とする質問がある場合、Stack Overflowコミュニティで聞いてください。

Aaron Hallberg

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment