Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
Translate to Japanese to Azure DevOps release notes(unofficial) from https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/release-notes/2020/sprint-169-update

YAMLパイプラインの強化 - Sprint 169

このスプリントでは、Azure PipelinesのYAML CD機能の一般提供を開始できるというお知らせができることに興奮しています。

Features

Azure Pipelines

Azure Pipelines

YAML CDパイプラインを一般提供開始します

Azure Pipelines YAML CD機能の一般的な利用可能性を発表できることが興奮しています。私たちは今、統合されたYAMLエクスペリエンスを提供しており、各パイプラインをCI、CD、またはCIとCDを一緒に行うように設定できます。YAML CD機能は、マルチステージのYAMLパイプラインを使用しているすべての組織で利用できるいくつかの新しい高度な機能を導入しています。ハイライトのいくつかは以下の通りです。

ビルドを始める準備ができたら、マルチステージCI/CDパイプラインをビルドするためのドキュメントブログをチェックしてみてください。

新しいサービス接続UIをデフォルトエクスペリエンスにします

今回のスプリントでは、新しいサービス接続のUIをデフォルトのエクスペリエンスに更新したため、古いサービス接続のUIは利用できなくなります。過去半年間、サービス接続の新しいUIをプレビュー機能として提供してきました。お客様からいただいたフィードバックをもとに、さまざまな機能を追加し、すべてのユーザーに向けた主流のエクスペリエンスにする準備が整いました。

新しいサービス接続UIはモダンなデザイン標準に基づいて構築されており、承認、認可、プロジェクト間の共有などのマルチステージYAML CDパイプラインをサポートするために、たくさんの重要な機能が搭載されています。

img

サービス接続について学ぶ場合はこちらを参照してください。

サービス接続にロールベースアクセスを追加しました

このスプリントでは、サービス接続のロールベースのアクセスを追加しました。以前は、サービス接続のセキュリティは、エンドポイント管理者やエンドポイント作成者など、事前に定義されたAzure DevOpsグループを介してのみ管理できました。

この作業の一環として、Reader、User、Creator、Administratorの新しいロールを導入しました。これらのロールはプロジェクトのサービス接続ページから設定することができ、これらは個々の接続によって継承されます。また、各サービス接続では、継承をオンまたはオフにして、サービス接続のスコープ内のロールを上書きするオプションがあります。

img

サービス接続のセキュリティについて学ぶ場合はこちらを参照してください。

CIパイプラインでパイプラインに関連付けられたほかのパイプラインを見つけられるようになります

また、このスプリントでは、CIパイプラインがパイプラインリソースと呼ばれるCD YAMLパイプラインの詳細をサポートするようになりました。CIパイプライン実行ビューでは、新しい'Associated pipelines'タブが表示され、パイプラインを使うすべてのパイプライン実行結果とそこからの成果物を見つけられます。

img

複数プロジェクトにおけるサービス接続の共有を公開しました

このスプリントでは、プロジェクト間でのサービス接続共有のサポートを有効にしています。過去3ヶ月間、この機能は非公開プレビューになっており、多くのお客様から貴重なフィードバックをいただきました。

みなさんのサポートに感謝します。これで、サービス接続をプロジェクト間で安全に共有できるようになりました。

img

サービス接続の共有について学ぶ場合はこちらを参照してください。

別パイプラインを参照している時、パイプライン実行ダイアログでバージョン指定して実行できるようになりました

このスプリントでは、マルチステージCD YAMLパイプラインの一部として、パイプライン実行のダイアログでパイプラインリソースのバージョンを手動でピックアップする機能を追加しました。別のパイプラインのリソースとしてパイプラインを参照する場合、パイプライン実行作成時に特定のパイプラインのバージョンをピックアップできるようになりました。

img

Next steps

注意事項

ここで議論されている機能は今後二~三週にわたって順次展開されます。

Azure DevOpsはこちらから試してみてください。

Go to Azure DevOps

Feedback

これらの機能についてどう思っているかお聞きしたいと思います。 フィードバックメニューを使用して問題を報告するか、提案を提出してください。

Make a suggestion

アドバイスや回答を必要とする質問がある場合、Stack Overflowコミュニティで聞いてください。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment