Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
Translate to Japanese to VSTS release notes from https://docs.microsoft.com/ja-jp/vsts/release-notes/2017/nov-28-vsts

Azure DevOpsプロジェクト、YAMLビルド、リリースのゲート機能、Macのホストエージェントなど - VSTS Sprint 126 Update

Visual Studio Team Services(VSTS)のSprint 126アップデートでは、Microsoft Connect(); 2017で発表した多くの機能がデビューしました。これは、機能の量だけでなく、みなさんが使っている言語とプラットフォームにおいて、DevOpsへの取り組みを進める上で大きなインパクトを起こす、現在までに最大のリリースと考えています。

注意事項
Analytics ODataシンボルサーバーなどのパブリックプレビューを含む、新しい機能のハイライトに含まれている機能は、すでに利用可能です。それ以外の機能は、今後2週間にわたって公開されます。

新機能ハイライト

Azure DevOps Project Release tag

DevOps Projectを使用すると、Azureのサービスが簡単に準備できます。いくつかの簡単なステップであなたが選んだAzureサービスでアプリを起動するのに役立ちます。DevOpsプロジェクトは、あなたのアプリケーションの開発、配備、監視に必要なすべてを備えています。

DevOpsプロジェクトを作成すると、Azureリソースが提供され、Gitコードレポジトリ、Application Insights統合、Azureに展開するための継続的な配信パイプラインが設定されます。DevOps Projectダッシュボードを使用すると、Azureポータルの一か所でコードコミット、ビルド、および配備を監視できます。

DevOpsプロジェクトから得られる重要な利点は以下の通りです。

  • ほんの数分で新しいアプリと、完全なDevOpsパイプラインが用意されます。
  • .NET, Java, PHP, Node, Pythoonといった幅広く、一般的なフレームワークをサポートしています。
  • GitHubからあなたのアプリケーションをもってきて最初から始められます。
  • 分析と来訪者の分析のために組み込まれた、Application Insightsがあります。
  • Visual Studio Team Services(VSTS)での、クラウドパワーを生かしたCI/CDが提供されます。

DevOpsプロジェクトはVSTSによって強化されており、アプリケーションの開発と導入にあたり一番のスタートを切ってくれます。

Azure DevOps Project

詳細はdocumentation for deploying to Azureをみてください。

Configuration as code (YAML) builds in Public Preview Build tag

注意事項
この機能を使うには、あなたのアカウントでBuild Yaml definitionsプレビュー機能を有効にする必要があります。

VSTSでCIビルドを定義すると、Webベースのインターフェイスを使用するか、CIプロセスをYAMLビルドのコードとして設定するという基本的な選択肢が得られました。 YAMLビルド定義は、コードとしての設定の利点を提供します。

なぜあなたは気にする必要がありますか? あなたのアプリケーションの変更ではなく、ビルドプロセスの変更により、ビルド休憩や予期しない結果にぶつかったことはありますか?

YAMLビルド定義は、コードと同じ分岐構造に従います。したがって、プルリクエストとブランチ構築ポリシーのコードレビューを通じて、変更の検証が行われます。 こうすることで、変更がコードベースの残りの部分でバージョン管理されるため、この種の問題をより簡単に特定して修正(または回避)することができます。

この機能の仕組みをどのように決定するかなど、YAMLビルドに関する彼の見解については、Chris Pattersonのブログ記事を参照してください。

今すぐ試すことができます。 VSTSのGitレポジトリのルートに**.vsts-ci.yml**という新しいファイルを追加するだけです。それから以下のコードをファイルに入れます。

YAML

queue: Hosted VS2017 
steps:
- script: echo hello world 

この変更をコミットすると、ビルド定義が作成され、自動的にキューに入れ、”Hello world"と出力されます。

Release gates in Public Preview Release tag

注意事項
この機能を使うには、あなたのプロファイルでApproval gates in releasesプレビュー機能を有効にする必要があります。

継続的な監視は、DevOpsパイプラインの不可欠な部分です。展開後のリリースでのアプリケーションの健全性を確保することは、展開プロセスの成功と同じくらい重要です。企業は、生産時のアプリの正常性を自動検出し、顧客から報告されたインシデントを追跡するためのさまざまなツールを採用しています。今まで、承認者は、リリースを承認する前に、すべてのシステムで使用しているアプリケーションのヘルスデータを手動で監視する必要がありました。今回の強化でリリース管理において、リリース・パイプラインへの継続的な監視の統合がサポートされるようになりました。これを使用して、リリースを続行する前に、それらのすべてが同時に成功するまで、アプリケーションのすべての正常性の収集を繰り返し照会して、確認します。

まず、リリース定義に事前展開または展開後のゲートを定義します。各ゲートは、アプリケーションの監視システムに対応する1つ以上の正常性の状態を監視できます。組み込みゲートは、「Azure Monitor(Application Insits)アラート」および「Work Item」で使用できます。 Azure Functionsからほかのシステムを使った統合も可能です。

Gated releases

実行時に、Releaseがすべてのゲートのヘルスデータのサンプリングを開始し、各ゲートからデータを収集します。同じ間隔ですべてのゲートから収集されたデータが成功するまで、各間隔でサンプリングを繰り返します。

Sampling interval

監視システムが取得した初期のサンプリングデータでは正確ではない可能性があり、さらに新しい展開では十分な情報が得られない可能性があります。Releaseの"Delay before evaluation"オプションを使うと、すべてのサンプルが成功した場合でも、指定した期間中にリリースが進行しないようにします。

ゲートのサンプリング中にエージェントやパイプラインの時間は消費されません。 詳細については、documentation for release gateを参照してください。

CI/CDパイプライン使えるHosted Macエージェントがパブリックプレビューになりましたtag

VSTSで、クラウドでホストされるCI / CDエージェントにmacOSが追加されました。これにより、クラウド(iOS、macOS、tvOS、およびwatchOSを含む)でAppleのアプリケーションをビルドしてリリースすることができ、専用のMacハードウェアの提供と保守が不要になります。現在、VSTSではLinux、macOS、およびWindowsの3つのオペレーティングシステムで動作するCI / CDエージェントをホスティングとして提供しています。 詳細については、Hosted Agentsを参照してください。

macOSエージェントを使用するためには、ビルドもしくはリリースパイプラインでHosted macOS previewを選択してください。

Hosted Mac

TFSデータベースインポートサービスの一般提供開始

TFS Database Import Serviceの一般的提供開始を発表します。インポートサービスを使用すると、社内のTeam Foundation Server(TFS)からクラウドホスティングのSaaSサービスVisual Studio Team Services(VSTS)に移行できます。

顧客は、マイクロソフトからのオンボードの承認を必要とせず、移行を開始します。 お客様皆さん、Microsoftからの承認を必要とせず、以降の実施が可能です。詳細と、開始するための情報はhttps://aka.ms/tfsimportを参照してください。

VSTS CLIのパブリックプレビュー公開

VSTS CLIは、Windows、Linux、MacからVSTSおよびTFSプロジェクトを操作して管理するための新しいコマンドラインインターフェイスです。この新しいオープンソースのCLIを使用すると、快適なコマンドプロンプトやターミナルから、プルリクエスト、作業項目、ビルドなどを操作できます。新しいCLIを使用して、Bash、PowerShell、またはお気に入りのスクリプト言語で記述されたスクリプトを使用して、VSTSまたはTFSとのやりとりを自動化することもできます。

現在VSTS CLIで使用可能な操作は以下の通りです。

  • ビルドをキューに入れる
  • ビルドの詳細を表示する
  • pull requestの作成
  • pull requestにレビュアーを追加
  • 新規プロジェクトもしくはGitレポジトリの作成
  • 作業項目の更新

VSTS CLI docsを見てはじめてください。ソースを参照するにはvsts-cli repoを見てください。

Work

クエリの最終実行情報

プロジェクトの共有クエリツリーが拡大するにつれて、クエリがもはや使用されておらず削除されていると判断することが困難になります。共有クエリの管理のために、最後に実行された人(last executed by)と最後に実行された日付(last executed date)の2つの新しいメタデータがクエリREST APIに追加されており、古いクエリを削除するためのクリーンアップスクリプトを作成できます。

Queries ハブからの新しい作業項目の作成

注意事項
この機能を使うには、あなたのプロファイルで**New Queries Experience**プレビュー機能を有効にする必要があります。

Queriesハブの**+ New**アクションバーから、簡単に作業項目の追加ができます。

Create work items

この機能は提案に基づいて優先順位がつけられました。

タスクボードで requirements/peopleの展開ができるように

現在のスプリントのタスクボードで、アイテムをシングルクリックすると、すべてのアイテムが展開されます。

Expand collapse Task board

特定のユーザーにバイパスする権限を付与する

多くの場合、組織では別のソースから作業項目を移行するとき、作業項目の元のプロパティをすべて保持する必要があります。たとえば、元の作成日を保持し、移行元のシステムで管理されていた作成日をもとにしたバグの作成ができます。

作業項目を更新するAPIには、そのシナリオを有効にするために、オリジナルの値から変更させないbypassruleフラグがあります。以前は、そのAPIリクエスト発行するユーザーは、Project Collection Administratorsグループのメンバーでなければなりませんでした。このデプロイメントでは、プロジェクトレベルでbypassruleフラグを使用してAPIを実行する権限を追加しました。

Grant bypassrule

Code

メール通知でのmarkdownレンダリング

Markdownは、pull request(PR)の説明とコメントで豊富な書式設定、リンク、イメージを追加するために最適です。PRの電子メール通知で、markdownそのままではなく、htmlでレンダリングされたmarkdownマークダウンが表示されるようになりました。
インラインイメージはまだインラインでレンダリングされていません(リンクとして表示されています)。しかし、今後のアップデートに追加する予定となっており、バックログに登録されています。

PR notification markdown

Pull requestコメント通知にスレッドコンテキストを含めるように

多くの場合、プル・リクエスト(PR)のコメントへの返信はかなり簡単であり、変更されたか、変更が行われたことへ感謝しています。Webビューでこれらの短いコメントを表示するときは問題ありませんが、電子メール通知でコメントを読んでいる場合は、元のコメントのコンテキストが失われます。シンプルに"私がこの問題を修正する"だけでは意味がわかりません。

よって、PRコメントに返信されるたびに、コメント通知メールのメッセージの本文に返信の最初の部分が含まれます。これにより、スレッド参加者は、受信トレイからコメントの完全なコンテキストを見ることができます。ウェブビューを開く必要はありません。

PR comment notifications thread

Pull Requestのmergeイベントをフックするサービス

pull requestサービスフックを使用する拡張機能に、mergeイベントとフィルタリングオプションが追加されました。マージが試行されるたびに、マージの成功または失敗に関係なく、イベントが発生します。マージの試行が失敗した場合、失敗の理由の詳細が含まれます。

PR service hooks merge events

pull request完了時の作業項目エラーメッセージの強化

pull requestで作業項目を完了しようとすると、関連する作業項目を完了状態に遷移できない可能性があります。たとえば、特定のフィールドが状態を遷移させる前にユーザー入力が必要な場合です。何かが作業項目の移行を妨げているときに通知して、必要な変更を加えるためにアクションが取れるように、エクスペリエンスを改善しました。

Error work items PR

pull requestのためのAzure Active Directory統合の強化

Azure ADグループをpull requestのレビュアーに追加するだけで、グループメンバーをpull requestのレビューアとして指定できるようになりました。以前は、AADグループをレビューアとして追加する前に、対象のグループに対してVSTSへの明示的なアクセス権が必要でした。

現在、AADグループはPRにレビュアーとして追加することができ、電子メール通知と、サムアップ/ダウンの両方が追加設定することなく、機能します。

pull requestポリシーに対するパスフィルター

多くの場合、単一のレポジトリには、複数の連続的な統合(CI)パイプラインによって構築され、ビルドおよび実行テストを検証するためのコードが含まれます。統合ビルドポリシーでは、パスフィルタリングオプションがサポートされています。このオプションを使用すると、PRごとに必要な自動PRMビルドを簡単に設定できます。それぞれのビルドのパスを指定して、必要に応じてトリガーと要件のオプションを設定し、設定してください。

Path filters for PR policies

ビルドに加えて、ステータスポリシーにはパスフィルタリングオプションもあります。これにより、カスタムまたは第三者のポリシーで特定のパスのポリシー施行を構成できるようになります。

この機能は、提案に基づいて優先順位が付けられました。

forkレポジトリのpull request提案

トピック・ブランチがレポジトリー内で更新されるたびに、トピック・ブランチに対する新しいプル・リクエスト(PR)を作成するための"suggestion"(提案)が表示されます。 これは新しいPRを作成する場合、非常に便利です。フォークされたレポジトリで作業している人にも有効になりました。フォーク内のブランチを更新すると、次にフォークまたは上流のレポのCodeハブにアクセスしたときに、PRを作成するという提案が表示されます。"Create a pull request"リンクを選択すると、ソースブランチとターゲットブランチとレポジスがあらかじめ選択されたPR作成エクスペリエンスが表示されます。

PR suggest for forks

エディタの設定

今回の更新で、単語の折り返しと空白を表示する新しいエディタ設定が公開されました。今回のアップデートでは、これらの設定を簡単に管理し、他のエディタの設定を維持することが容易になっています。pull requestエディタまたは差分ビューで、エディタプリファレンスの歯車アイコンをクリックします。 「ファイル」ビューで、右クリックメニューの「ユーザー設定」オプションを選択します。

Editor gear

Show and diff white space(差分で空白を表示), Enable word wrap(折り返しを有効), Enable code folding(コードの折りたたみを有効に), Show minimap(ミニマップを表示)といったエディタの機能設定が含まれています。

Editor perfs

コードの折りたたみ(一部のエディタでは「アウトライン」と呼ばれます)もWebビューで有効になっています。コードの折りたたみが有効になっている場合は、マイナス記号をクリックするとコードの一部が折りたたまれます。プラス記号をクリックすると折りたたまれたセクションが展開されます。F1コマンドパレットでは、ファイル全体にさまざまなインデントレベルを折りたたむためのオプションも公開されているため、大きなファイルの読み込みやレビューが容易になります。

Code folding

直近のレビュワーを使う

頻繁に同じ人にコードレビューを依頼した場合、レビュワーの追加がずっと簡単になります。あなたのプルリクエストにレビュワーを追加するとき、レビュワーの入力ボックスにフォーカスを合わせると、最近追加されたレビュワーのリストが自動的に表示されます。名前で検索する必要はありません。レビュワーと同じようにそれらを選択します。

MRU reviewers

SSH: 暗号キーの追加と、古くなった暗号の廃止

セキュリティと互換性を向上させるために、SSHでサポートする暗号のリストを更新しました。私たちは2つの新しい暗号を追加し、OpenSSHの方向性に合わせて、非推奨リストに三つ追加しました。廃止された暗号は、このリリースで引き続き機能します。将来的に使用量が減少した段階で削除します。

追加:

  • AES128 CTR
  • AES256 CTR

非推奨:

  • AES128
  • AES192
  • AES256

レポジトリ設定パフォーマンスの強化

Version Control管理ページにおいて、単にレポジトリレベルの設定を編集したい場合、各レポジトリの下に新しいBranchesノードが追加されており、すぐに編集できます。数百から数千のブランチの潜在的に長いリストが必要な場合にのみ、ロードされます。

Repo settings

Build

VSTSをシンボルサーバーに

注意事項
この機能を使うには、あなたのアカウントでSymbol serverプレビュー機能を有効にする必要があります。

VSTS Symbol Serverを使用すると、シンボルをホストし、組織内で共有できます。シンボルは、特にCやC++などのネイティブ言語で記述されたプログラムのデバッグに役立つ追加情報を提供します。詳細については、documentation for publishing symbols for debuggingを参照してください。

Symbol server task

この機能は提案に基づき実装されました。

エージェント不要なビルドタスク

ビルドプロセスは、実行するタスクによって定義されます。これまでのところ、これらのタスクはすべて、エージェントで実行されていました。それは私たちが提供するホストされたエージェントか、お客様が管理するプライベートエージェントです。しかし、エージェントが不要な一般的なタスクがいくつかあります。たとえば、REST APIを呼び出す場合や、一定期間ビルドを一時停止する場合などです。

カタログにいくつかのエージェントレスビルドタスクを追加しています。

ビルド定義にAgentlessフェーズを追加し、以下のタスクの1つを追加してVSTS上で実行できます。エージェントレスのタスクを拡張して追加することもできますが、いくつかの制限があります。

  • Agentlessタスクはスクリプトの実行ができない。
  • 事前定義された実行ハンドラーを一つ選択しなければならない。HttpRequestハンドラーはHTTPエンドポイント、ServicesBusハンドラーはAzure Service Busにメッセージをポストする

これらのタスクを作る場合のサンプルとして、InvokeRestAPIPublishToAzureServiceBusタスクがあります.

Appleのプロビジョニング用プロファイルをソースレポジトリからインストール

Install Apple Provisioning Profileタスクでは、VSTS Secure fileライブラリに格納されている(プロビジョニングマシン上の)プロビジョニングプロファイルのインストールがすでにサポートされています。プロビジョニングプロファイルは、iOS、macOS、tvOS、watchOSなどのAppleアプリケーションに署名してパッケージ化するために、Xcodeが使用します。これにより、ソースコードレポジトリからプロビジョニングプロファイルのインストールができます。これらのファイルのセキュリティを強化するには、セキュアファイルライブラリを使用することをお勧めしますが、今回の強化でソース管理にすでに格納されているプロビジョニングプロファイルが使用できるようになりました。

Apple provisioning

ビルドとリリースでエージェントにセキュアファイルのダウンロードが可能に

新しいセキュアファイルのダウンロードタスクでは、VSTSセキュアファイルライブラリから暗号化されたファイルを(エージェントマシンに)ダウンロードできます。ファイルがダウンロードされると、そのファイルは復号化され、エージェントのディスクに保存されます。ビルドまたはリリースが完了すると、ファイルはエージェントから削除されます。これにより、VSTSに安全に暗号化されて格納されている、証明書や秘密鍵などの機密ファイルをビルドまたはリリースで使用できます。詳細については、セキュアファイルのドキュメントを参照してください。

ビルドとリリースで指定したバージョンのJava Development Kits (JDKs)がインストール可能に

特定のJavaプロジェクトを構築するためには、特定のJDKが必要な場合がありますが、エージェントマシンでは使用できません。たとえば、VSTSホストエージェントにはJDKの最新バージョンがプリインストールされていますが、プロジェクトにはIBM、Oracle、またはオープンソースのJDKの古いバージョンまたは異なるバージョンが必要な場合があります。Java Tool Installerタスクは、ビルドまたはリリース中にプロジェクトで必要とされるJDKをダウンロードしてインストールします。 JAVA_HOME環境変数は、ビルドまたはリリースの実行中の間だけ設定されます。Java Tool Installerタスクの中でファイル共有、ソースコードレポジトリ、またはAzure Blobストレージの場所から特定のJDKの指定します。

xcodeビルド構成の強化

Xcodeタスクは、Xcodeのビルド、テスト、およびパッケージ化の設定を改善する新しいメジャーバージョン(4. *)にアップデートしました。Xcodeプロジェクトにただ一つの共有スキームがある場合、自動的に使用されます。追加のインラインヘルプが追加されました。Xcodeタスクのプロパティから、非推奨の機能(xcrunパッケージなど)が削除されました。既存のビルドとリリースの定義は、この最新のバージョンのXcodeタスクを使用するように変更する必要があります。新しいビルド定義を作る場合、以前のXcodeタスクバージョンの廃止された機能が必要な場合は、ビルド定義で古いバージョンを選択することができます。

Hosted VS2017ビルドプールプールのエージェントを更新

Hosted VS2017ビルドプールをVisual Studio 15.4.0に更新し、Azure Service Fabric SDK, Maven, Android SDKも更新しました。

Release

成果物のソースにDocker HubかAzure Container Registryを指定できるようになった

この機能を使用すると、Docker HubレジストリまたはAzure Container Registry(ACR)に保存されているアプリケーションのアップデート用のイメージのリリースを自動的に作成できます。これは、本番環境のみのイメージを持つコンテナレジストリから環境(実稼働環境など)に展開する場合や、ACRのジオレプリケーション機能を使用することで、地域別に新しい変更を展開するなどのシナリオをサポートするための第一歩です。

リリース定義の Artifacts + Addのエクスペリエンス改善により、Docker Hubか、ACRをファーストクラスのアーティファクトとして設定できるようになりました。

Dockerhub artifact source

Azure web appsで継続的モニタリングを有効にする

クラウドアプリケーションのパフォーマンスに関する問題は、ビジネスに影響を与える可能性があります。 相互接続された複数のコンポーネントと頻繁なリリースでは、いつでも劣化が起こる可能性があります。 アプリを開発している場合、ユーザーはテストで見つけられなかった問題を発見するかもしれません。

リリースパイプラインで問題の診断と修正に役立つアラートを出して、推奨される動作をすぐ始められるとしたらどうなるでしょう?

そこで、我々は新しいリリース定義テンプレートを追加し、リリース内から直接Azure Webアプリケーションの継続的な監視を可能にするタスクを強化しました。テンプレート "Azure app service deployment with continuous monitoring"テンプレートを使用して、Application Insightが有効な、Azure Web Appsの推奨アラートをAzureアプリケーションサービスのデプロイメントを設定できます。

Continuous monitoring

Jenkinsのパイプラインで複数のブランチサポートと、フォルダ内のリンクジョブの管理

Jenkinsのプロジェクト参照がさらに優れたものになりました。

まず、Jenkinsのマルチブランチパイプラインプロジェクトをリリース定義の成果物のソースとして使用できるようになりました。

第二に、以前はJenkinsプロジェクトの成果物のソースとしては、Jenkinsサーバーのルートフォルダからのみリンクできましたが、今回の強化でJenkinsプロジェクト内のフォルダレベルで参照の管理ができます。成果物のソースとして、プロジェクトの一覧からプロジェクトのリストのそばのフォルダパスから選択できます。

Jenkins folder level

JIRAとVSTSの作業項目をJenkinsのリリースで表示されるようになりました

今回のリリースでは、JenkinsのビルドでもreleaseページのWork itemsタブにJIRAの作業項目が関連付けられるようになりました。

Jenkins JIRA

Jenkinsビルドに関連付けられたGitHubコミットも、releaseページのCommitsタブで確認できます。

Jenkins GitHub comments

Package

VSTSのフィードでNuget.orgのパッケージを提供

Nuget.orgをアップストリームのソースとする機能を提供し、VSTSのフィードとしてNuget.orgのパッケージを使えるようにしました。詳細はブログでの案内を見てください。

NuGet upstream source

フィードの作成と編集が簡単に

新しいフィードを作成するとき、「New Project」の画面と非常によく似たエクスペリエンスのページになりました。また、フィードのアクセス許可を中心にデフォルト設定を合理化して、従来のエクスペリエンスで大多数の顧客が選択していたものと一致させました。

Create feed

フィードの編集のエクスペリエンスも同様にフルページになりました。このような動きの中で、私たちはパーミッション管理を他の製品と同じように調整し、多くのユーザーやグループのフィードを管理しやすくしました。

Feed permissions

以前のパッケージバージョンをフルページでリスト表示した

更新されたパッケージ管理のエクスペリエンスについて多くのフィードバックを受けました。今回の強化では、以前のパッケージバージョンのリストをパッケージの詳細ページのブレッドクラムピッカーに移動しました。このアップデートでは、新しいVersionピボットを追加しました。これにより、以前のバージョンに関する詳細情報が表示され、バージョン番号のコピーや古いバージョンへのリンクが簡単になります。

Versions list

複数のパッケージの宣伝、非表示、非推奨

複数のパッケージ、および1つのパッケージの複数のバージョンをまとめて管理することが可能になりました。パッケージリストでは、複数のパッケージを選択して宣伝、非表示、非推奨にできます。パッケージの詳細では、新しいVersionsピボットを使用して、複数のバージョンを選択し、それらを昇格または非推奨/非推奨にできます。 将来のアップデートでは、複数のパッケージやパッケージの複数のバージョンの削除をサポートしています。

この機能は、提案に基づいて優先順位が付けられました。

Test

ビルド/リリースのVisual Studio Testタスクでは、テストを実行するためにエージェント上にVisual Studioが必要です。実稼働環境でテストを実行するためにVisual Studioをインストールするのではなく、複数のエージェントにテストを単に配布する場合は、新しいVisual Studio Test Platform Installerタスクを使用します。このタスクは、nuget.orgからテストプラットフォームを取得し、ツールのキャッシュに追加します。 インストーラタスクはvstestの要求を満たし、ビルド定義内でインストーラータスクの次にあるVisual Studio Testタスクは、エージェントにVisual Studioを完全にインストールしなくても実行できます。

タスクカタログから、定義にインストーラータスクを追加します。

Platform Installer task

Visual Studio Testタスクはインストーラー経由で構成されると指定します。

Test platform version

Wiki

Wiki 検索

注意事項
この機能を使うには、あなたのプロファイルでNew experience in Code & Work Item search and new Wiki searchプレビュー機能を有効にする必要があります。

チームがVSTSの複数のプロジェクトにまたがるwikiページに多くのコンテンツを記録するにつれて、関連するコンテンツを見つけることはますます難しくなります。コラボレーションを最大限にするには、すべてのプロジェクトでコンテンツを簡単に発見する力が必要です。Wiki Searchを使用して、VSTSアカウントのすべてのプロジェクトで、関連するWikiページをタイトルまたはページコンテンツごとにすばやく見つけることができます。

Wiki Search

この機能は提案に基づいて有線付けが行われました。

Wikiページと作業項目のリンク

前のリリースで、wikiページ内で作業項目の参照が作成できるようになりました。今回のリリースで、作業項目をwikiへリンクする逆も可能になりました。作業項目をWikiにリンクして、エピックのページ、リリースノート、および計画コンテンツを作成し、wikiページに関連付けられた作業項目を追跡し、エピックページの何%が完成したかを検証するのに役立ちます。

Link work items from a wiki

Wikiページに作業項目を関連付ける項目が追加されました。

Linked work items on wiki page

作業項目から"Wiki page"リンクタイプを使って、新しいWikiページのリンクを追加ができます。

Link to wiki from work item

Rich markdown rendering in code repo markdown

コードレポジトリでのmarkdownをリッチなmarkdownに

リッチなREADME.MDファイルをコードレポジトリで作成できるようになりました。コードレポジトリのMDファイルのマークダウンレンダリングでは、HTMLタグ、ブロック引用符、絵文字、画像のサイズ変更、および数式がサポートされるようになりました。WikiとMDファイルのmarkdown renderingには検証があります。

Wikiで数式のサポート

あなたのアプリケーションで詳細な数式や方程式を扱う場合、WikiでLaTeX formatを使ってみてください。

Wiki math

Reporting

Analitics ODataがパブリックプレビュー

Analytics ODataがパブリックプレビューとして公開され、誰でも利用できます。ODataは、開発者が独自のウィジェットやツールを構築するために、分析用データへのアクセスを提供します。また、アナリティクスの概要、OData APIのガイダンス、アナリティクスに基づいて構築されたウィジェットの実際の例を含むドキュメントも公開しています。

PowerBI.comコンテンツパックが非推奨に

PowerBI.comのVisual Studio Team Services(VSTS)コンテンツパックは、2017年11月15日に廃止されました。既存のコンテンツパックを使用した、PowerBI.comデータセットは引き続きサポートされますが、新しいデータセットの作成はできなくなります。

VSTSコンテンツパックが廃止された理由は、VSTSサービスへの負荷が高かったためです。これは、エンドユーザーに対する製品のエクスペリエンスに影響を与えました。 これにより、エンドユーザーに対してVSTSアカウントへのアクセスが制限されることがよくありました。新しいAnalytics拡張機能とAnalytics ODataエンドポイントは、コンテンツパックの機能を置き換えて改善することを目的としています。

訳注:
VSTSには一定以上の負荷をかけたユーザーのリクエストをスローダウンさせるRate Limit という機能があります(アカウントの画像から表示されるUsageで確認できます)。Webブラウザーからのアクセスだけではこのペナルティを受けることはほぼないのですが、おそらくPower BI経由でのアクセスではしばしば起きたのでしょう。

Marketplace

あなたのVSTSアカウントのために拡張機能を購入する権利がありませんか?大丈夫です。マーケットプレイスから必要なものをリクエストするだけで、購入を許可されたアカウント管理者はあなたのリクエストを確認して受け入れることができます。マーケットプレイスに行き、必要な拡張機能を選択して購入処理を実行してください。その後、期待通り使用できる権利が付与されます。

Purchase justification

Administration

Azure ADバックエンドのVSTSアカウントでゲストを招待できるようになった

Visual Studio Team Services(VSTS)を離れずに、外部のAzure Active Directory(Azure AD)のユーザーが簡単に招待できるようになりました。あなたのVSTSアカウントがAzure ADを使ってアカウントを管理しており、必要な権限を持っている場合、単にすべてのメールアドレスをあなたのAzure ADにゲストとして追加すれば、VSTSが招待します。

Invite directory guests

Feedback

これらの機能についてどう思っているかお聞きしたいと思います。フィードバックメニューを使用して、優先順位を付けたいと思っていることに関するアイデアがある場合は、問題を報告するか、提案をしてください。

Feedback menu

アドバイスや回答が必要な質問がある場合、Stack Overflowコミュニティで聞いてください。

ありがとうございました。

Jamie Cool

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.