Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
translate to Japanese to VSTS release notes from https://www.visualstudio.com/ja-jp/articles/news/2017/jun-01-team-services

新しいVisual Studio Enterprise向けのpipelineの特典、モバイル作業項目のGA、ソース管理からのリリーストリガー 2017/6/1

Last Update: 6/2/2017
注意事項: ここで紹介されている新機能は三週間以内に順次展開されます。

今週は、VSTS全ユーザーのために、製品全体に幅広い変更が加えられました。

  • WITモバイルフォームがGAを迎え、新しい分析サービスの最初のエクスペリエンスが提供されます。
  • ビルドとリリースでは、顧客のリクエストリストから多くの改善点があり、VS Enterpriseユーザーには素晴らしい新しいメリットがあります。
  • また、製品全体で通知を大きくカスタマイズできるようにするための改善を継続しています。

モバイル向けワークアイテムの一般提供

Visual Studio Team Servicesの作業項目のモバイルエクスペリエンスがプレビューから卒業しました。 私たちは、作業項目のルック・アンド・フィールを最適化した完全なエンドツーエンドのエクスペリエンスを持ち、あなたのスマートフォンを使って、あなたに割り当てられているアイテム、フォローしているアイテム、または最近訪れたか編集したアイテムと簡単にやりとりする方法を提供します。

mobile wit

このエクスペリエンスは見た目に加えて、すべてのフィールドタイプに対して最適化されたモバイルコントロールをサポートしています。

mobile wit fields

新しいモバイルナビゲーションでは、他のハブと併用する必要がある場合に備えて、VSTSの他のモバイル対応部分にアクセスして完全なデスクトップサイトに戻ることができます。アップグレードされたエクスペリエンスをお楽しみください。 フィードバックをご希望の場合は、ナビゲーションサイドバーのSend Feedbackを使用してください。

mobile wit nav

Analytics拡張機能の新しいウィジェット

Marketplace Extension for Analyticsは、Visual Studio Team Services(VSTS)用の3つの新しいダッシュボードウィジェットを提供します。 Cycle Time, Lead Time、およびCumulative Flow Diagramウィジェットは、現在VSTSで利用可能なものに加えて、新しい洞察を提供するために設計されています。

analytics

Git通知でパスフィルタをサポート

レポジトリ内のすべてのフォルダの通知を取得する代わりに、チームメンバーがpull requestを作成したときか、注目しているフォルダにコードをプッシュしたときに通知を受けるかするかと選択できるようになりました。独自のGit pushまたはGit pull requestの電子メール通知の購読を作成すると、これらの通知をフォルダパスでフィルタリングする新しいオプションが表示されます。

git notification PR filter

より多くのpull requestコメントフィルタリングオプション

pull request概要とファイルビューの両方のコメント欄に同じオプションが追加されました。フィルタして、参加したディスカッションだけを表示することもできます。

PR comments filter

プレフィックスで始まるブランチ内のコミット検索

すべてのブランチにプレフィックスがある階層構造のブランチ構造を持っている場合、そのプレフィックステキストから始まるすべてのブランチでコミットを見つけるのに役立ちます。たとえば、プレフィックスが "dev"である、すべてのブランチにコミットが行われているかどうかを確認するには、検索ボックスに "dev"と入力すると、 "dev"で始まるブランチで検索を選択します。

prefix search

Visual Studio Enterpriseユーザー向けのTeam Servicesでのパイプライン特典

これまで、オンプレミスTFSサーバーに追加されたVisual Studio Enterpriseサブスクリプションユーザごとに、プライベートパイプラインを無料で入手できましたが、同じ特典をTeam Servicesでは利用できませんでした。

今後数週間のうちに、Visual Studio Enterpriseのサブスクリプションのパイプライン特典をTeam Servicesアカウントに追加します。アカウントで多くのエンタープライズユーザーがいるほど、余分なコストを支払うことなく、プライベートエージェントで実行できるビルドとリリースの同時性が増します。

visual studio enterprise subscriber pipelines

Apple証明書における安全なファイルの取り扱い

汎用の安全なファイルライブラリを追加しました。

secure-files-library

セキュアファイルライブラリを使用して、署名の証明書、Apple Provisioning Profiles、Android Keystoreファイル、SSHキーなどのファイルをソースリポジトリにコミットすることなくサーバーに保存します。

セキュアファイルの内容は暗号化されており、ビルドプロセスまたはリリースプロセスでタスクから参照することによってのみ使用できます。セキュアファイルは、セキュリティ設定に基づいて、チームプロジェクトの複数のビルドおよびリリース定義にわたって使用できます。セキュアファイルはライブラリのセキュリティモデルに従います。

また、この新しい機能を活用するいくつかのAppleのタスクを追加しました。

ビルドテンプレートでの拡張機能

ビルドテンプレートを使用すると、ユーザーがビルドプロセスの定義を開始するためのベースラインを作成できます。今数多くのテンプレートを同梱していおり、アカウントに新しいものをアップロードすることはできますが、拡張機能の作成者は拡張機能の一部として新しいテンプレートを含めることはできませんでした。今回、拡張機能にビルドテンプレートを組み込むことができるようになりました。 例えば以下のような形になります:
完全なサンプルソースはhttps://github.com/Microsoft/vsts-extension-samples/tree/master/fabrikam-build-extensionを見てください。

{  "id": "Template1", 
   "type": "ms.vss-build.template", 
   "targets": [ "ms.vss-build.templates" ], 
   "properties": { "name": "Template1" } }
For the full example, see https://github.com/Microsoft/vsts-extension-samples/tree/master/fabrikam-build-extension.

Tip
この機能を使用して、すべてのチームプロジェクトに同じカスタムテンプレートを提供して共有できます。

拡張機能のタスクを非推奨として表示

拡張機能のタスクを非推奨にできます。非推奨機能を有効にするには、次の変数をタスクの最新バージョンに追加する必要があります。

"deprecated": true

ユーザーが廃止予定のタスクを検索すると、これらのタスクは検索結果の最後に表示され、デフォルトで折りたたまれている折りたたみ可能なセクションの下にグループ化されます。定義済みのタスクが既に使用されている場合は、廃止予定のタスクバッジを表示して、ユーザーに交換を促すよう促します。

deprecated task

タスクの説明で、ユーザーに置換されるタスクについて説明できます。 この詳細では、タスクカタログと既存のビルド/リリース定義の両方から、タスクを使用している人々に正しい使用方法を提示します。

deprecated task description

Taskグループの参照

Task groupsを使用すると、ビルド定義またはリリース定義に追加できる一連のタスクを定義できます。これは、複数のビルドやリリースで同じグループのタスクを使用する必要がある場合に便利です。 Task groupsを使用しているタスクの追跡に役立つように、Task groupsを参照するビルド定義、リリース定義、およびタスク・グループのビューが表示されるようになりました。

task-group-references)

When you try to delete a task group that’s still referenced, we warn you and give you a link to this page.

まだ参照されているtask groupを削除しようとすると、警告が表示され、このページへのリンクが表示されます。

Manual Interventionタスクでの変数のサポート

Manual Interventionタスクは、タスクが実行されたとき、ユーザーがリリースプロセスの実行を再開したり、拒否する時点で、ユーザーに表示される指示テキスト内容を変数から取得して表示する機能をサポートします。リリースで使用可能な変数は、定義された値すべて含めることができ、通知もしくはユーザーに送信される電子メールで値を使用できます。

manual intervention variables

manual intervention pending

ソースブランチに基づいた環境へのリリース制御

リリースの定義は、新しいリリースが作成されたとき(通常、ソースのビルドが成功した後)に自動的にデプロイメントを開始するように設定できます。ただし、ビルドが成功したときではなく、ソースの特定のブランチからのビルドのみをデプロイすることができます。

たとえば、すべてのビルドを開発環境およびテスト環境に配備し、特定のビルドのみを本番環境に配備できます。以前は、このためにDevとTest環境用とProduction環境用の2つのリリースパイプラインを維持する必要がありました。

リリース管理で、各環境にアーティファクトフィルタを使用できるようになりました。つまり、デプロイトリガー条件(ビルドの成功や新しいリリースの作成など)が満たされたときに各環境にデプロイされるリリースを指定できます。環境ダイアログのDeployment conditionsにあるTriggerセクションで、ソースブランチなどの成果物条件と、その環境への新規デプロイメントのトリガーとなるビルドのタグを選択します。

deployment conditions

さらに、Release Summaryページには、「開始されていない」すべてのデプロイがその状態になる理由を示すポップアップヒントが表示され、デプロイの方法または開始時期が示唆されます。

pop up tip

Gitレポジトリを成果物のソースと同様にリリーストリガーとする

Release Managementでは、同じアカウント内のチームプロジェクトのいずれかのリリース定義にリンクされたGitリポジトリの継続的なデプロイメントトリガーの設定がサポートされるようになりました。これにより、リポジトリに対して新しいコミットが行われたときに指定のリリースを開始するトリガーにできます。 Gitリポジトリにブランチを指定して、コミットがリリースをトリガーするようにすることもできます。

release triggers

自動テストを任意のタイミングで開始

Testハブは、テスト計画およびテスト・スイートからの自動テスト・ケースのトリガーをサポートします。 Testハブからの自動テストの実行は、Release Environmentでスケジュールされた方法でテストを実行する方法と同様に設定できます。 Run automated tests from test plansから実行テンプレートを使用してリリース定義に環境をセットアップし、それをテスト計画に関連付けて自動テストを実行する必要があります。 Testハブから環境をセットアップし、自動化されたテストを実行する方法については、ステップごとのガイダンスの資料を参照してください。

test trigger

Marketplace提供者向けのExtension Hubでのデータ取得

無料の拡張機能の提供者は、選択された期間の集計データ、拡張機能を取得するためのページビューの日次傾向、接続されたVSTSとTFSの取り込み、およびページビューから取得への変換にアクセスできるようになりました。 このデータは、独自のカスタムレポートの作成を支援するためにXLS形式でダウンロードすることもできます。

Marketplace提供者向けのQ&A

Q&Aタブでは、ユーザーによるすべての質問のスナップショットがトップに表示されます。以前の返信に返信または編集し、エンゲージメントユーザーとのエンゲージメントをよりうまく管理できます。

marketplace拡張機能向けのGitHubのissue, 独自Q&Aシステムサポート

拡張機能の提供者はMarketplaceのQ&AGitHubのissue、またはカスタムQ&AのいずれかをmarketplaceのQ&Aセクションのサポートシステムとして選択できます。GitHubリポジトリを使用すると、マーケットプレイスはQ&AセクションのユーザーをGitHubのissueにリンクします。カスタムQ&Aのマーケットプレイスを使用するか、VS / VSTS拡張のマニフェストのCustomerQnASupportプロパティまたはVSCode拡張のqnaフィールドを使用して、拡張のQ&Aセクションを無効にできます。

VSTSからMarketplaceへの移動時にVSTSの認証を保持

Marketplaceユーザーは自分の認証情報を保持できるようになり、VSTS / TFSマーケットプレイスアイコンからマーケットプレイスにナビゲートすると自動的にサインインされます。

AAD サインインアドレスの変更

VSTSのアイデンティティを解決する方法を更新しました。ユーザーは、自分のVSTSリソースへのアクセスを失うことなく、AADを通じてサインインアドレスを自由に変更できるようになりました。

私たちはあなたがこれらの機能について何を考えているのか聞いてみたいと思います。WebポータルでSmileアイコンや嫌な顔アイコンを選択したり、Team Services Developer Communityから他のコメントを送ることを躊躇しないでください。 いつものように、あなたが私たちに見せたいものについてのアイデアを持っているなら、UserVoiceであなたのアイデアを追加したり、既存のものに投票してください。

ありがとうございました。

Jamie Cool

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment