Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@neon-izm neon-izm/VRIK1.8_leap.md
Last active Mar 27, 2019

Embed
What would you like to do?
VRIK 1.8のLeap Hand Model Demoを最新環境で動かすとちょっとハマるのでメモ

VRIK1.8にはUnity5.6.1用のLeapMotionを利用したHand(Finger)トラッキングパッケージが付属しています。
おそらくVRChatのユーザ向けにLeapMotionを使う、という使い方を想定したものですが、

  • 要求LeapMotionSDKが古い
  • ドキュメントがなんもない

という点で、普通の最新Unityで使う時に困りそうです。

具体的に言うとパッケージインポートした時点でコンパイルエラーをモリモリ吐いてて、ビビります。

少しの修正を行うことで、一応動作確認までは出来たので、手順を残しておきます。

必要な物

  • Unity2018.2.9
  • FinalIK 1.8 (2018.10リリース)
  • Leap_Motion_Core_Assets_4.4.0.unitypackage

インストール

Final IKに含まれるVRIK LeapMotion (Unity 5.6.1).unitypackageを展開。

VRIK(LeapMotion).unityというシーンを開くとエラーがいっぱいある。

VRIKHand.csの中の

VRIKHand : IHandModel

VRIKHand : HandModelBase

に変更

VRIKLeapMotion.csの中の

public HandPool handPool;

をコメントアウト

VRIK(LeapMotion).unityシーン内の VRIKHand.csのMaterialがMissingになっているので、適当にマテリアルを割り当てる

シーン内のHandModelManager.csのModelPool内、LeftModelをVRIKHand_L、RightModelを VRIKHand_Rに割り当てる

→エディタ実行する

Enjoy!!!

余談

Avatar Hand Controller for Leap Motion という有料アセットでも、同じようにIKベースの手のトラッキングは出来ていたけど、FinalIKとして提供してくれると嬉しいですね!

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.