View README.md
View README.md

Step.1 – プラグインをインストール

wordpressを設置後、3つのプラグインをインストールして有効化します。

  • Theme My Login
  • myCRED
  • WooCommerce Theme My Loginは、ユーザー登録ページとログインページを利用したいだけなのでインストールしたら有効するだけす。*ユーザー情報の管理はWooCommerceで行います。

Step.2 – myCREDでポイント機能を追加する設定

View README.md

アフィリエイトサービスの商品一覧を簡単に構築。「CS Shop」「 カスタムフィールドテンプレート」

  • CS Shop設定後に、カスタムフィールドテンプレートの「Auto Hook of the_content() (Experimental Option)」にphpを記述。(コンテンツの前、投稿)
  • カテゴリ番号は、各サイトで調べて記述。
[csshop service="rakuten" keyword="<?php the_title(); ?>" category="112493"]
<div class="row">
<div class="col-xs-3 col-md-3">
View README.md

wordpressに不動産サイト構築。

プラグイン 

  • Geo Mashup
  • Custom Field Template
  • Trust Form

説明 

カスタムフィールドテンプレートオプション

View README.md

EC-CUBE スマフォテンプレ無効

SC_Display.php

/**
 * 端末種別を判別する。
 *
 * SC_Display::MOBILE = ガラケー = 1
 * SC_Display::SMARTPHONE = スマホ = 2
 * SC_Display::PC = PC = 10
View README.md

広島の不動産物件カテゴリ一覧

間取り

1R
1K
1DK
1DK+S
1LDK
1LDK+S
View README.md

filemakerで給料計算した時のメモ

上限付き交通費

Case ( 交通費支給額 合計  < Abs ( 10000 ) ; 交通費支給額 合計 ;
交通費支給額 合計 > Abs ( 10000 ); Abs ( 10000 ))

二十日締め

 Case ( Day ( 日付 )   >   Day ( 20 ); Date ( Month ( 日付 ) ; Day ( 日付 ) ; Year ( 日付 ))
View SublimeText3.md

MACにSublimeText導入

パッケージの管理ができる Sublime Package Controlを導入。
https://sublime.wbond.net/
VIEW → Show Console →
コンソールにPackage Controlのソースをコピペ → 実行

日本語化

Tools → Command Palette (cmd + shift + p) コマンドパレット表示
Install Packageを選択 → 一覧からjapanizeを選択

View README.md

drupal7インストール

ディレクトリに.user.iniファイル設置
ディレクトリの.htaccessファイルの「Options -Indexes」「Options +FollowSymLinks」をコメントアウトまたは削除する。
インストールしたら
/sites/default/filesの.htaccessを書き込み可能のパーミッションに変更して「Options None」「Options +FollowSymLinks」をコメントアウトして、パーミッションを元に戻す。
設定画面(admin/modules)へ移動して、Localeモジュールにチェックしてsave
言語の設定ページ(admin/config/regional/language)へアクセス
Add languageをクリックしてLanguage nameからJapanese(日本語)を選択
日本語のDefaultのラジオボタンにチェックを入れSave


View README.md

コアサーバーにEC-CUBE2.4.x...をインストールする時のメモ

トップディレクトリの.htaccess AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php (今は、無くてもいけるかも!?) .user.ini作成 magic_quotes_gpc = off .user.iniを入れるフォルダ /admin/basis/ /admin/contents/