Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?

DoCについて、または本を紹介するということについて

mstdn.maud.io Advent Calendar 2021の9日目担当、omasanoriです。

DoCとはなにか

タイトルにあるDoCはドキドキomasanori(読書)クラブの略で、Discordなどで開催されるオンライン読書会です。当初は省略されずにおまさのり読書クラブ、ドキドキおまさのりクラブなどと呼ばれていましたが、主に私の希望によって現在の呼称になりました。

Fediverse上でのみイベントの開催が告知されている極小規模なコミュニティで、毎回数人が集まって最近読んだ本の話をしています。また、この会の情報はGistで管理されています。

なぜDoCを始めたのか

本を紹介する会を開こうと思った動機はいくつかあります。

  • 誰かと趣味を話す機会を作りたい
  • 積み本を読むきっかけを作りたい
  • 読んで面白かった本を周囲に広めたい
  • 周囲の人々が読んで面白いと感じた本を知りたい

これらは私自身の身辺に起きた出来事と昨今の社会情勢により私の中に生じた個人的な動機でしたが、後押ししてくれる人々のおかげで2021年中に3回実施することができました。

なぜ本を紹介するのか

本を読むという〈入力〉行為に対応する〈出力〉行為はいくつか考えられます。本を書く、本に書かれた内容を実践する、あるいは読んだ本を紹介する。

中でも本を紹介するという行為には、先程述べたようにその本の存在を他者に周知するという外向きの効果があると同時に、その本に対する自身の理解や認識を確認・反省するという内向きの効果があると考えています。

この内向きの効果について意識するようになったきっかけは『読む・打つ・書く 読書・書評・執筆をめぐる理系研究者の日々』を読み始めたことですが、まだこの本を読み終えていないので詳しく述べるのは別の機会にします。

おわりに

時間をかけていない走り書きの雑文にお付き合いいただきありがとうございました。

もしよければ、これを読んだそこのあなたもぜひ来年はDoCにご参加ください。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment