Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

ota42y ota42y

Block or report user

Report or block ota42y

Hide content and notifications from this user.

Learn more about blocking users

Contact Support about this user’s behavior.

Learn more about reporting abuse

Report abuse
View GitHub Profile
View gist:420fe3d789ca417dcf623157be6d604c
% ./alertmanager --log.level=debug
level=info ts=2019-10-05T12:41:23.678Z caller=main.go:217 msg="Starting Alertmanager" version="(version=0.19.0, branch=HEAD, revision=7aa5d19fea3f58e3d27dbdeb0f2883037168914a)"
level=info ts=2019-10-05T12:41:23.678Z caller=main.go:218 build_context="(go=go1.12.8, user=root@587d0268f963, date=20190903-15:04:14)"
level=debug ts=2019-10-05T12:41:23.678Z caller=cluster.go:149 component=cluster msg="resolved peers to following addresses" peers=
level=info ts=2019-10-05T12:41:23.679Z caller=cluster.go:161 component=cluster msg="setting advertise address explicitly" addr=192.168.11.8 port=9094
level=debug ts=2019-10-05T12:41:23.681Z caller=delegate.go:230 component=cluster received=NotifyJoin node=01DPDZ0PYZT9KRQ6MWV5SCAFKM addr=192.168.11.8:9094
level=debug ts=2019-10-05T12:41:23.681Z caller=cluster.go:233 component=cluster msg="joined cluster" peers=0
level=info ts=2019-10-05T12:41:23.681Z caller=cluster.go:623 component=cluster msg="Waiting for gossip to settle..." interval=2s
l
View log.txt
level=info ts=2019-10-05T12:41:33.693Z caller=cluster.go:640 component=cluster msg="gossip settled; proceeding" elapsed=10.01120645s
level=debug ts=2019-10-05T12:42:47.040Z caller=dispatch.go:104 component=dispatcher msg="Received alert" alert=server-status[83e172c][active]
level=debug ts=2019-10-05T12:42:57.045Z caller=dispatch.go:432 component=dispatcher aggrGroup="{}:{alertname=\"server-status\"}" msg=flushing alerts=[server-status[83e172c][active]]
level=debug ts=2019-10-05T12:43:07.048Z caller=dispatch.go:432 component=dispatcher aggrGroup="{}:{alertname=\"server-status\"}" msg=flushing alerts=[server-status[83e172c][active]]
level=debug ts=2019-10-05T12:43:17.050Z caller=dispatch.go:432 component=dispatcher aggrGroup="{}:{alertname=\"server-status\"}" msg=flushing alerts=[server-status[83e172c][active]]
View alertmanager.yaml
global:
resolve_timeout: 5m
slack_api_url: "https://hooks.slack.com/services/xxx"
route:
group_by: ['alertname']
group_wait: 10s
group_interval: 10s
repeat_interval: 1h
receiver: 'slack'
@ota42y
ota42y / text.md
Last active Aug 21, 2019
技術書典7
View text.md

一応最初に書いておくと、身内の恥をpublicな場で行うのは絶対嫌で、やってるのを見るだけでドン引きなんですが、 唯一のコミュニケーション手段であるprivateなパスではしょっちゅう無視されてますし、publicな場では元気なことからこのパスに頼らざるを得ませんでした。 悲しいことにpublicな場に出したことで一瞬で終息してしまったので、最低だが効果的な方法であると証明されてしまいましたし…

今回は「本とビルコン両方やるのは無理だから諦めてビルコンに集中させるという合意を取る」のが目的なので事態としては収束しています。 以下具体的な内容としては

  • 本人から精神的負荷を理由にビルコンの後に記事だけあげるという連絡が来る
    • 現在の状況から考えるとビルコン後からスタートすると間に合わないと判断
View Dockerfile
FROM node:8.11.3-alpine
RUN mkdir -p /app/node_modules
RUN touch /app/node_modules/test
View rubocop_benchmark
require 'benchmark'
actioncable_folder = '/rails/actioncable'
rubocop_folder = '/rubocop'
def reset_rails(actioncable_folder)
Dir.chdir(actioncable_folder) do
system('git checkout -f v5.2.3 >/dev/null 2>&1')
system('mv ../.rubocop.yml ../.rubocop.yml_bk')
end
@ota42y
ota42y / gist:c8c7f4b5784f52afaf888bdd0c0f05af
Created Jun 22, 2019
読書メモ: 我々はなぜ我々だけなのか アジアから消えた多様な「人類」たち
View gist:c8c7f4b5784f52afaf888bdd0c0f05af
https://www.amazon.co.jp/我々はなぜ我々だけなのか-アジアから消えた多様な「人類」たち-ブルーバックス-川端-裕人/dp/4065020379/ref=tmm_pap_swatch_0?_encoding=UTF8&qid=&sr=
ジャワ原人
ホモ・エレクトス
現生人類に近い
120万年前にはジャワ島にいた
5万年前まではいた
ホモ・サピエンスがユーラシアにいる
4万7000年前までにはオーストラリア大陸に到達してる
アジアの人
View committee_benchmark.rb
require 'benchmark'
require "committee"
COUNT = 10000
noop = Proc.new {[200, {}, ["hello"]]}
middleware = Committee::Middleware::RequestValidation.new(noop, schema_path: 'demo.yaml')
# warmup
request = Rack::MockRequest.new(middleware)
@ota42y
ota42y / Gemfile
Created Apr 22, 2019
committee benchmark
View Gemfile
# frozen_string_literal: true
source "https://rubygems.org"
git_source(:github) {|repo_name| "https://github.com/#{repo_name}" }
gem "committee"
gem "sinatra"
gem "pry"
gem "pry-byebug"
View gist:9ca57c905d74b9f164ed6853124a4813
今感じている、現在の自分ができるようになってるプログラミングは業務の一部分で、実際の仕事はもっとたくさんの要素が絡まり合っていて、自分はまだその一部分しか理解できてない…といった感覚を現時点で持てているのはめちゃくちゃすごいと思います。
コードを書くということと、コードを書いてユーザに価値を届ける、いわゆるプロフェッショナルとしての仕事との間にはすごくたくさんの要素が並んでおり、かなりの距離があります。
そしてその距離は実際に仕事としてプログラムを書いて実感する人が多く、それを今認識できているのはとてもすごいです。
今研修でアプリを作ってもらっていますが、これはサッカーで例えるとドリブルを完璧にこなせるようになってもらう練習といった位置づけです。
ドリブルができても本番で点を入れるのは難しいですが、ドリブルができない状態でいきなりプロチームに入れても何も得られないので、こういった期間をおいています。
そして実際の試合ではドリブルが普通にできる上で、どうやって攻めるか、どうやって守るか、他のメンバーとどう役割分担をしていくかといった様々な観点が存在します。
プロダクト開発の世界でも同じで、ドリブル(研修でやるプログラミング)が普通にできるうえで、どの機能をどうやってユーザに届けるか、不具合をどう防ぐのかといった様々な観点が存在します。
そしてそのどれもが実際にユーザに価値を届ける上で重要な観点で欠かせないものです。
You can’t perform that action at this time.