Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@pn11
pn11 / how-to-use-giza-pp.md
Last active Jul 8, 2022 — forked from mosmeh/how-to-use-giza-pp.md
GIZA++ の使い方
View how-to-use-giza-pp.md

GIZA++ の使い方

GIZA++ は、統計的機械翻訳に使われるアライメントツールで、 IBM Model 1-5 と HMM を実装しています。今回は、Europarl Parallel Corpus で配布されている英独対訳コーパスのアライメントの尤度を推定させてみます。

セットアップ

# GIZA++ の準備
$ git clone https://github.com/moses-smt/giza-pp.git
$ cd giza-pp

$ make

@pn11
pn11 / hatenaoauth_example_py3.py
Last active Apr 6, 2020 — forked from soy-curd/hatenaoauth_example_py3.py
Pythonではてなの OAuth 対応 API を利用する(python3版)
View hatenaoauth_example_py3.py
#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-
"""
フレームワークとして Flask(http://flask.pocoo.org/) を、OAuth ライブラリとして oauth2(http://pypi.python.org/pypi/oauth2/) を利用したサンプルプログラムです。
下のコードを保存して (oauth_consumer.py とします)、YOUR_CONSUMER_KEY, YOUR_CONSUMER_SECRET となっている部分を自分の consumer_key, consumer_secret で置き換えます。(settings.pyに保存してください)
$ python oauth_consumer.py
... で起動してから http://localhost:5000 に Web ブラウザでアクセスして下さい。
+ 2015/10/25 python3用に書き換えました。
"""
@pn11
pn11 / rakutenedy_csv.py
Last active May 30, 2018
rakutenedy_csv.py
View rakutenedy_csv.py
# -*- coding: utf-8 -*-
import sys
import time
USERNAME = 'xxxxxxxx@xxxxxxxx'
PASSWORD = 'xxxxxxxx'
DATESTR = '201507'
def get_html(datestr = DATESTR):