Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@trueroad trueroad/Makefile
Last active Feb 17, 2019

Embed
What would you like to do?
ipsj.cls を upLaTeX 用にしてみる(源ノ明朝・源ノ角ゴシックを使う)
#
# ipsj.cls を upLaTeX 用にしてみる(源ノ明朝・源ノ角ゴシックを使う)
# https://gist.github.com/trueroad/c44312923bf02226c2274388941d0453
#
# ipsj.cls は pLaTeX 専用のようなのですが、
# 試しに upLaTeX で使えるようにした up-ipsj.cls を作ってみました。
# upLaTeX なので pLaTeX では難しかった源ノ明朝・源ノ角ゴシックの利用が
# できるようになります。
#
# 無保証です。これを使った結果何が起きても責任は取りません。
#
# あらかじめ「upTeX 用 jis 互換メトリックセット」と
# 「upTeX 用 morisawa パッケージ互換 tfm, vf セット」を
# インストールしておいてください。以下が参考になるでしょう。
# https://gist.github.com/trueroad/50db8b8c8152e151dc85aedbc84be173
# https://gist.github.com/trueroad/f71db83ff0781e677af674172f609266
#
# 源ノ明朝・源ノ角ゴシックを使うのであれば、
# dvipdfmx から見える状態にしておく必要があります。
# 以下が参考になるかもしれません。
# https://gist.github.com/trueroad/51c0d3b5bbf3ad1fe25352858e4e2cff
#
# ipsj_v4.zip (2018 年 11 月 6 日版)を解凍して UTF8 ディレクトリの下にある
# ipsj.cls
# ipsjtech.sty
# jsample.tex
# tech-jsample.tex
# の 4 ファイルを、この Makefile と同じディレクトリに配置してください。
# その上で `make` を実行すると、 upLaTeX 対応の
# up-ipsj.cls
# up-jsample.tex
# up-tech-jsample.tex
# ができます。
# この際、 submit オプションを落とし、
# dviware に dvipdfmx を指定するように変更しています。
#
# さらに、源ノ明朝・源ノ角ゴシック otf 版が upTeX から見える状態であれば、
# `make pdf` を実行することで upLaTeX と dvipdfmx を使って
# up-jsample.pdf
# up-tech-jsample.pdf
# ができます。
# この際、マップファイルには up-ipsj-sourcehan.map を使います。
# 使用するフォントは up-ipsj-sourcehan.map を参照してください。
#
# Copyright (C) 2019 Masamichi Hosoda.
# All rights reserved.
#
# License: BSD-2-Clause
#
all: up-ipsj.cls up-jsample.tex up-tech-jsample.tex
.PHONY: all pdf clean
#
# コマンド関連
#
SED = sed
RM = rm
RM_F = $(RM) -f
#
# upLaTeX 用クラスファイル
#
#
# ipsj.cls は pLaTex 専用で upLaTeX には対応していない模様。
# そこで、何か所か書き換えて upLaTeX で使える up-ipsj.cls を作ります。
# メトリックは upTeX デフォルトのものではなく、互換のものを使用することとし、
# pLaTeX での組版結果とほぼ同じになることを目指します。
#
# 変更点:
# クラス名
# ipsj → up-ipsj
# エンコーディング名
# JY1 → JY2 (和文横書き用)
# JT1 → JT2 (和文縦書き用)
# TFM 名
# 標準の明朝体・ゴシック体フォント
# jis, jisg (pTeX 用 jis メトリック、pTeX 同梱)
#
# ujis, ujisg (upTeX 用 jis 互換メトリック、要インストール)
# 太字の明朝体・ゴシック体フォント
# FutoMinA101-Bold-J.tfm, FutoGoB101-Bold-J.tfm
# (morisawa パッケージの一部、jis メトリックの太ミンと太ゴ)
#
# u-FutoMinA101-Bold-J, u-FutoGoB101-Bold-J
# (upTeX 用 morisawa パッケージ互換 tfm, vf セットの一部)
# 縦書き用
# tmin10 (pTeX 用縦書き、pTeX 同梱)
#
# utmin10 (upTeX 用、なぜか upTeX 同梱?)
#
up-ipsj.cls: ipsj.cls
$(SED) -e 's/^\\ProvidesClass{ipsj}/\\ProvidesClass{up-ipsj}/g' \
-e 's/{JY1}/{JY2}/g' \
-e 's/ JY1\// JY2\//g' \
-e 's/{JT1}/{JT2}/g' \
-e 's/jisg/ujisg/g' \
-e 's/\([ >]\)jis/\1ujis/g' \
-e 's/FutoGoB101-Bold-J\.tfm/u-FutoGoB101-Bold-J/g' \
-e 's/FutoMinA101-Bold-J\.tfm/u-FutoMinA101-Bold-J/g' \
-e 's/tmin10/utmin10/g ' \
$< > $@
#
# 論文誌用サンプル
#
up-jsample.tex: jsample.tex
$(SED) -e 's/^\\documentclass\[submit\]{ipsj}/%\\documentclass\[submit\]{up-ipsj}/' \
-e 's/^%\\documentclass{ipsj}/\\documentclass{up-ipsj}/' \
-e 's/^\\usepackage{graphicx}/\\usepackage\[dvipdfmx\]{graphicx}/' \
$< > $@
#
# 研究報告用サンプル
#
up-tech-jsample.tex: tech-jsample.tex
$(SED) -e 's/^%\\documentclass\[submit,techrep\]{ipsj}/%\\documentclass\[submit,techrep\]{up-ipsj}\r\n%\\documentclass\[techrep\]{up-ipsj}/' \
-e 's/^\\documentclass\[submit,techrep,noauthor\]{ipsj}/%\\documentclass\[submit,techrep,noauthor\]{up-ipsj}\r\n\\documentclass\[techrep,noauthor\]{up-ipsj}/' \
-e 's/^\\usepackage\[dvips\]{graphicx}/\\usepackage\[dvipdfmx\]{graphicx}/' \
$< > $@
#
# 論文誌用サンプル依存関係
#
up-jsample.dvi: up-jsample.tex up-ipsj.cls
#
# 研究報告用サンプル依存関係
#
up-tech-jsample.dvi: up-tech-jsample.tex up-ipsj.cls ipsjtech.sty
#
# pdf 生成
#
up-%.dvi: up-%.tex
uplatex $<
uplatex $<
up-%.pdf: up-%.dvi
dvipdfmx -f up-ipsj-sourcehan.map $<
pdf: up-jsample.pdf up-tech-jsample.pdf
clean:
$(RM_F) *~ *.log *.aux *.dvi
%
% ipsj.cls を upLaTeX 用にする(源ノ明朝・源ノ角ゴシックを使う)
% https://gist.github.com/trueroad/c44312923bf02226c2274388941d0453
%
% map ファイルのサンプル(源ノ明朝・源ノ角ゴシック otf 版を使う)
%
% このマップファイルでは
% Ryumin-Light, GothicBBB-Medium, FutoMinA101-Bold, FutoGoB101-Bold
% と見た目のウェイトが同じになる源ノ明朝・源ノ角ゴシックを選びました。
% 詳細は Makefile をご覧ください。
%
% Copyright (C) 2019 Masamichi Hosoda.
% All rights reserved.
%
% License: BSD-2-Clause
%
urml unicode SourceHanSerif-Light.otf -l jp90
ugbm unicode SourceHanSans-Regular.otf -l jp90
u-futomin-b unicode SourceHanSerif-Regular.otf -l jp90
u-futogo-b unicode SourceHanSans-Medium.otf -l jp90
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.