Create a gist now

Instantly share code, notes, and snippets.

What would you like to do?
WebRTC オンライン専用コミュニティ

WebRTC オンライン専用コミュニティ

更新:2018-05-19
作者:@voluntas
バージョン:18.5.7
URL:https://voluntas.github.io/

概要

日本語専用の WebRTC 関連のオンライン専用コミュニティを作りました。興味のある方は参加してみてください。

参加は以下からどうぞ。メール認証必須にしてあります。

https://discord.gg/vZT8zGu

目的

仕事柄 WebRTC 関連の情報を追いかけているのですが、気軽に WebRTC に興味ある人向けに共有する仕組みが欲しいというのが一番です。

他には WebRTC に関する雑談や情報共有をができるとよいなおもっています。

あまり難しく考えず、よろしくない行いには厳しくというスタンスです。

注意

Discord 上で話した話題や質問は公開することがありますので、それを理解して上でご参加ください。

用途

  • @voluntas が淡々と WebRTC 関連のニュースをコメント付きで貼っていきます
  • WebRTC 関連の技術的な質問はしていただいて問題ありません
  • WebRTC を使った何かの宣伝も大歓迎です
  • WebRTC の仕事探していますとかも大歓迎です

追記していきます。

質問や話題まとめ

Discord 上で話題に上がったものや質問があったものを暇を見てまとめていきます

Chrome M66 の動画自動再生ポリシーの変更について

Chrome M66 で動画自動再生ポリシーが変わったが、ひっくり返って一旦無効になる Chrome M70 で再導入を目指すという話。色々あるので、説明が難しいが、とりあえず導入は延期されたという認識で良い。

国産で WebRTC P2P で頑張っている会議サービス

Web会議・テレビ会議クラウドサービス『V-SESSION』

Stream Control Transmission Protocol(SCTP) は暗号化プロトコルではないので気付いたら修正してほしい。

RTCRtpReceiver が M69 にずれ込むという話

777617 - Support RTCRtpTransceiver (transceiver) - chromium - Monorail

これから WebRTC を学ぶ人向けの歴史

History of the WebRTC API [Infographic] — callstats.io

CDN を利用した遅延一秒以下の動画配信

CDNで遅延1秒以下の動画配信を全世界で実現--ライムライト・ネットワークス - ZDNet Japan

どんな技術で実現しているのかとても気になる。

WebRTC + QUIC

WebRTC で利用しているプロトコルを QUIC に置き換えるという話。今すぐとかではなくまずは並行で。そして DataChannel を QUIC にしてみるという話。

仕様や議論などは色々と出ている。

ストリーミングプロトコルの比較表が秀逸

Streaming protocols and ultra-low latency including #webrtc | WebRTC by Dr Alex

Unified Plan の webrtc.org のサイト

Unified Plan SDP format - transition plan | WebRTC

ロードマップも公開されている。

国内で WebRTC を使った事例

医師によるオンライン健康相談「first call」、dヘルスケアと連携 - 週刊アスキー

  • TokBox を使ってる
  • 利用時間を 15 分に制限することで従量課金への対策をしている

オンライン健康相談「first call」を法人向けに提供開始しました | プレスルーム

今回のは提携の発表でかなり前から WebRTC を利用して提供している。

Chrome Canary M68 で Unified Plan

Chrome Canary M68 で Unified Plan

やっと使えるようになりました。

WebRTC + TensorFlow Lite + Android

WebRTC + TensorFlow Lite + Android

Edge 側での解析の例。

RTCRtpSender / RTCRtpReceiver に getStats が追加される

Chrome M67 getStats()が最新スペックへ対応した。

前方誤り訂正

WebRTC の前方誤り訂正 – V – Medium

パケロス時に再送せずにパケットを復元する技術の簡単な解説。

WebRTC Meetup Tokyo #18

WebRTC Meetup Tokyo #18 : ATND

Screen Capture APIについて

from @gtk2k

gUM()をベースに仕様策定されたが、サイズやフレームレート等のconstraintsに設定する部分は省かれ、現在のドラフト仕様ではdisplaySurface(DisplayCaptureSurfaceType)とlogicalSurface(Boolean)の2つのみとなっている。
gUM()のサイズやフレームレート制約は「選択」する意味でのサイズ指定であったが、デスクトップのモニターの解像度は大きくなる傾向にあるため、エンコードやビットレートがひっ迫する。そうならないように、選択ではなく「エンコードのダウンスケール」のサイズやフレームレートとして設定できるようにという提案

Vidyo による WebRTC における AV1 の話

from @yusuke.naka

WebRTC + AV1 はもっと時間がかかるので長い目で見て、今のところは VP9 を前提にしていくのが良いと思います。

WebRTC を利用したグループビデオチャットサービス Houseparty

ディープラーニングを利用したノイズ抑制

パケロスを意図的にさせたい

VR180

WebRTC ミートアップ

Edge の Screen Capture API

組み込み WebRTC を利用したい

  • Janus か GStreamer または libwebrtc を頑張る
  • Janus は GPL で GStreamer は LGPL なのは意識しておくこと
  • 組み込み WebRTC を利用した場合、車や電車などで高速に移動する場合、ラグが発生する事が多いのが課題としてある
Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment