Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
時雨堂を支えるリモートワーク

時雨堂を支えるリモートワーク

更新:2020-06-26
作者:@voluntas
バージョン:2020.1
URL:https://voluntas.github.io/

概要

定期的に更新している

リモートワークで働く社員がいるので、リモートワークに対する考えを書いていく。

更新履歴

  • 最低週 1 回から、できるだけ週 1 回の出勤へ変更した
  • 週 2 回の出勤から週 1 回の出勤へ変更した
  • ゴールにしていたフルリモートワークの採用を取り消した
    • 時雨堂らしさを維持するにはフルリモートワークは無理と判断したため

前提

  • 在宅ワークは作業場所を自宅に固定したリモートワーク
  • リモートワークとは会社には出社せず場所を固定せず、仕事をする事
  • 顔を合わせて話をした方が効率は明らかに良い
  • リモートワークが向いてるかどうかは人に依存する
  • 出社する通勤時間は無駄だと感じる人がいる
  • ルールは状況によって変化させていく必要がある
  • リモートワークはリモートワークしていない社員の負担が増える
  • 日常的なリモートワークは在宅ワークのみ認める
  • 正社員のフルリモートワークは認めない
  • リモートワークがメインの社員は週 1 日程度は会社に出社可能であること

ルール

  • 採用時にリモートワークが向いているかどうかが明らかでないかぎり、採用時の条件にリモートワークを含めない
  • 日常的なリモートワークを社員が希望した場合、判断は @voluntas が行う
  • リモートワークでも勤務時間は同じ
  • 週 1 日はできるだけ出社すること
  • 突発的にリモートワークを行う場合はできるだけ前日まで連絡する事
  • リモートワークが主体になる場合は日程を事前に共有すること
    • 何曜日は出社という明確になるものがほしい
  • 昼食の時間は大幅にずれなければ前後しても良い
    • 13:00-14:00 に合わせる必要はない
  • 顧客との打ち合わせは顔を合わせて行うこと
    • テレビ会議の利用はできるだけ避ける

例外

  • 天災地変の事情によりフルリモートワークが必要になった場合はこのルールは適用されない
  • プライベートの事情によりフルリモートワークが必要になった場合はこのルールは適用されない
  • このルールは従業員のみに適用され、役員にはこのルールは適用されない

評価

評価制度がないのでリモートワークだろうがなんだろうが関係ない。

課題

リモートワークではない社員にリモートワークの社員との連携負担が出てしまうこと。これは避けられない。

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment