Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

@wreulicke
wreulicke / test.js
Created Feb 6, 2021
async_hooksで遊んでみた
View test.js
const async_hooks = require('async_hooks')
const map = new Map()
let beforeCount = 0
let afterCount = 0
const hook = async_hooks.createHook({
init(asyncId, type, triggerAsyncId, resource) {
const context = map.get(triggerAsyncId)
@wreulicke
wreulicke / README.md
Created Sep 28, 2020
pprofのprotoファイルのあるディレクトリのREADMEの和訳
View README.md
@wreulicke
wreulicke / README.md
Last active Sep 22, 2020
Windowless percentile tracking の和訳
View README.md

https://mjambon.com/2016-07-23-moving-percentile/ の和訳です。

ウィンドウなしパーセンタイルのトラッキング

これは exponential moving average (指数平滑移動平均)と同じ制約によって駆動する手法ですが 中央値やパーセンタイル値のための手法です。 時間によって分布の変化するような観察結果の無限ストリームにおける中央値などのパーセンタイルのトラッキングのためにアルゴリズムを示します。 自ら課した制約はメモリに直近のNの観察結果を明示的に持つことを与えません。 私達のアルゴリズムでは、予測されたパーセンタイルのアップデートのコストはO(1)でそのメモリ使用量もまたO(1)です。

@wreulicke
wreulicke / LICENSE
Last active Aug 27, 2020
Minimal packet parser for socket.io
View LICENSE
MIT License
Copyright (c) 2020 wreulicke
Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy
of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal
in the Software without restriction, including without limitation the rights
to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell
copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is
furnished to do so, subject to the following conditions:
View main.go
package main
import (
"log"
"gopkg.in/gographics/imagick.v2/imagick"
)
func mainInternal() error {
pdfName := "test.pdf"
View 職務経歴書-public.md

職務経歴書

  • 職歴
  • 開発経験
  • 現職での業務内容について
  • 前職(クラスメソッド株式会社)での業務内容について
  • 業務外の活動
  • 資格
  • 希望条件
@wreulicke
wreulicke / liveness-probes-are-dangerous.md
Last active Sep 22, 2020
LIVENESS PROBES ARE DANGEROUSの和訳
View liveness-probes-are-dangerous.md

https://srcco.de/posts/kubernetes-liveness-probes-are-dangerous.html の和訳

Liveness Probe は 危険

Kubernetesの livenessProbe は 危険な場合があります。 明確なユースケースを持っていてその結果を理解するまで使用を避けるのをお勧めします。 このポストは、Liveness および Readiness Probeに注目し いくつかの「Do」と「Don't」を説明します。

私の同僚である、Sandorは最近、彼が見た一般的なミスについてツイートしています。

@wreulicke
wreulicke / userdata
Last active Mar 6, 2020
負荷試験で使う感じのuserdata
View userdata
#!/bin/bash
sudo yum update
sudo yum install unbound jq -y
sudo systemctl enable unbound.service
sudo sed -i 's/PEERDNS=yes/PEERDNS=no/g' /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
sudo sed -i 's/nameserver .*/nameserver 127.0.0.1/g' /etc/resolv.conf
sudo systemctl start unbound.service
cat <<EOF | sudo tee -a /etc/security/limits.conf
@wreulicke
wreulicke / test.tf
Last active Mar 2, 2020
いい感じでauto_scaling_groupでec2を立ち上げつつ、ssm agentで接続できるようにするやつ
View test.tf
locals {
key_name = "saito-load-test"
user_data = ""
}
data "aws_availability_zones" "available" {
state = "available"
}