Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

View command_exec.py
#! /usr/bin/env python
# -*- coding: UTF-8 -*-
import sys
import os
import Tkinter as Tk
import commands as com
import ScrolledText as St
import tkFileDialog as dlg
import tkMessageBox as msb
@brokendish
brokendish / iconv_Chk_KAI.c
Created Sep 8, 2013
文字コード変換を行う一括で文字コード変換を行い、変換不可文字があった場合は「@」に置き換える。このモジュールは、1文字ずつの変換ではなく全文を変換に通し、変換エラーがあった場合はエラーポインターの位置に「@」を入れ込む
View iconv_Chk_KAI.c
#include <stdio.h>
#include <iconv.h>
#include <locale.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>
#include <wchar.h>
/* fgetsの指定バイト数 */
#define READ_SIZE 4096
/* 置き換え文字のサイズ */
@brokendish
brokendish / cron.sh
Created Aug 11, 2012
【cronの設定--第1日曜日にバックアップシェルを実行】
View cron.sh
#1日〜7日までの日曜日(%w=0)の16時に実行:第1日曜日にバックアップシェルを実行
0 16 1-7 * * test $(date +\%w) -eq 0 && /hoge/hoge/tool/monthly_bkup.sh
@brokendish
brokendish / AmazonUnlimitedSearch.py
Created Jan 6, 2018
AmazonUnlimitedSearch Tool
View AmazonUnlimitedSearch.py
#!/usr/bin/python3
# -*- coding: utf-8 -*-
"""
Created on Fri Jan 5 17:04:13 2018
@author: brokendish
"""
import bottlenose as api
import bs4
import sys
@brokendish
brokendish / talk.sh
Created Feb 3, 2013
「open-jtalk」日本語音声合成実行用シェル 「-ow」で指定したWAVファイル(~/open-talk.wav)で保存される。 その他に、数値の部分を適当にいじると話速、声質、ピッチが変えられる。
View talk.sh
#!/bin/sh
TMP=~/open-talk.wav
touch $TMP
cd /usr/share/hts-voice/nitech-jp-atr503-m001
#cd /usr/share/hts-voice/mei_happy
echo "$1" | open_jtalk \
-td tree-dur.inf \
-tf tree-lf0.inf \
-tm tree-mgc.inf \
-md dur.pdf \
View check.cpp
#include <iostream>
#include <string>
#include <boost/regex.hpp>
#include <locale>
using namespace std;
int alphaNumericCheck(string a);
int numberOfDigit(string str, int max);
@brokendish
brokendish / xml2.groovy
Created Jul 30, 2016
Groovy XmlSlurper sample
View xml2.groovy
#!/usr/bin/groovy
//------------------------------------------------------
// Groovy XmlSlurper sample
//
//------------------------------------------------------
def xml = """
<aaa>
<langs type='current' count='3' mainstream='true'>
<language flavor='static' version='1.5'>Java3</language>
<language flavor='dynamic' version='1.6.0'>Groovy3</language>
View sqlite.py
#!/usr/bin/python
# _*_ coding: utf-8 _*_
import sqlite3 as sq
import sys
#テーブルを削除 ※SQLiteはTruncateはサポートしていないようなのでDROPしてVACCUMする
#データベースに接続
con = sq.connect("sqlite_test.db")
try:
View vi(Vim)コマンドめも.txt
Vi
-------------------------------------------
画面分割
-------------------------------------------
:sp 画面を上下に分割
:sp ファイル名 指定したファイルを分割した画面に表示
Ctrl-w p 画面間の移動
Ctrl-w k 上の画面に移動
Ctrl-w j 下の画面に移動
Ctrl-w l 右の画面に移動
View Pythonデバグめも.txt
-----------------------------------------------------
pdbのデバッガコマンド
-----------------------------------------------------
起動
python -m pdb cmd_test.py
l
list。実行中のプログラムの周囲11行を表示。第一引数で数字を指定した場合は、その行の周囲11行を表示。例えば「l 12 」。指定した範囲のプログラムリストを表示したい場合は「l 10, 40」とする。PC(プログラムカウンター)がどこにあるかも確認できるしブレイクポイントを貼るときの行数の確認にもなるのでまずはコレ。
b
You can’t perform that action at this time.