Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Avatar
😀
Hello everyone!

Hiroshi Watanabe kaityo256

😀
Hello everyone!
View GitHub Profile
@kaityo256
kaityo256 / test.cpp
Created Nov 21, 2021
Logical operation of predicate registers on SVE
View test.cpp
#include <arm_sve.h>
#include <iostream>
#include <vector>
#include <random>
void show_pr(svbool_t tp) {
int n = svcntb();
std::vector<int8_t> a(n);
std::vector<int8_t> b(n);
std::fill(a.begin(), a.end(), 1);
@kaityo256
kaityo256 / test.cpp
Created Nov 2, 2021
OpenMP Schedule Sample
View test.cpp
#include <cstdio>
#include <omp.h>
const int N = 8;
int d[N] = {};
int main() {
int tid;
#pragma omp parallel for schedule(static)
for (int i = 0; i < N; i++) {
@kaityo256
kaityo256 / test.cpp
Created May 11, 2021
連番ファイル名を作る方法
View test.cpp
#include <cstdio>
#include <cstdlib>
#include <string>
void save_data(const std::string filename) {
printf("%s\n", filename.c_str());
}
int main() {
std::string filename;
@kaityo256
kaityo256 / test.cpp
Created May 10, 2021
C++ to Python Sample
View test.cpp
#include <cstdio>
#include <fstream>
#include <random>
#include <string>
#include <vector>
const int L = 64;
const int N = L * L;
std::vector<int> spins(L *L);
@kaityo256
kaityo256 / sve_check.cpp
Created Jan 7, 2021
Check availability and length of SVE
View sve_check.cpp
#include <cstdio>
#ifdef __ARM_FEATURE_SVE
#include <arm_sve.h>
#endif
int main() {
int n = 0;
#ifdef __ARM_FEATURE_SVE
n = svcntb() * 8;
#endif
@kaityo256
kaityo256 / cntb.cpp
Created Jan 6, 2021
Check the length of SVE
View cntb.cpp
#include <cstdio>
int main(){
int x;
asm __volatile__("cntb %[x]" : [ x ] "=r"(x));
printf("%d\n",x*8);
}
@kaityo256
kaityo256 / howtoreview.md
Last active Sep 26, 2021
査読の仕方
View howtoreview.md

査読の仕方

査読の仕方についての覚書。初めて査読をすることになり、どうして良いかわからないような人向けに書いてある。分野、雑誌、個人によって流儀が異なるので、全てを鵜呑みにしないで欲しい。なお、私の専門は数値計算であり、主な査読経験はPhys. Rev.系、J. Chem. Phys.、そしてJPSJなどである。

査読とは

査読システムに登場するプレイヤーは三種類、「著者」「エディタ」「査読者」である。

論文が投稿されると、まずエディタと呼ばれる研究者が論文を受け取る。エディタはその論文を読み、適切な査読者を選んで査読を依頼し、査読レポートを著者に送り、著者の反応を見て、最終的にその論文を出版するかどうか判断する。この一連の処理の責任を負うことを「ハンドルする」と呼んだりする。査読システムは著者と査読者のやりとりが主となるが、論文の生殺与奪権はエディタが握っており、実は最重要プレイヤーである。

View doctor.md

博士の話

はじめに

アニメや映画などを見ていると、「博士」と呼ばれる人が出てくることがあります。ポケモンにもオーキド博士がいますね。多くの場合物語に登場する「博士」は一人だけで、たんに「はかせ」と呼ばれます。物語に出てくる博士はだいたい物知りで、年配であることが多く、「○○じゃよ」みたいな話し方をしたりします。この「博士」、実際にはどうやってなるのでしょうか?本稿では、「博士」にあまり馴染みのない人向けに博士の仕組みを説明してみようと思います。なお、博士号のとり方は分野によりかなり違います。以下は筆者の知る理工系、特に工学系に限った話だと思ってください。

博士とは

物語では「博士」を「はかせ」と呼ぶことが多いですが、称号としての「博士」は「はくし」と呼ばれます。大学などの高等教育機関は、学術上の知識、能力が十分にあると認めたものに対して学位(degree)を授与することができます。学位にはいろいろありますが、その最高位に位置づけられるのが「博士号」です。戦前は博士号を授与できる機関が帝国大学に限られていたために希少性が高かったようですが、現在は学校教育法により、大学院を置く大学は課程修了者に修士または博士の学位を授与できることが定められています。他にも学位授与機構という、大学以外で学位を授与できる機関があります。

@kaityo256
kaityo256 / kakenhi.md
Last active Sep 26, 2021
科研費の話
View kakenhi.md

科研費の話

はじめに

最近、少し科研費が話題になっています。どうせ話題になっている理由などは一か月もしないうちに忘れ去られるでしょうが、研究者でない人には科研費は馴染みが薄いかもしれません。せっかくなので、科研費がどういうものか簡単に説明してみたいと思います。

大学の経理状況

まず、大学の経理状況をちょっと見てみましょう。例えば東大の令和元年度財務情報を見てみることにします。令和元年度の支出は2376億円、収入が2368億円となっています。収入のうち36%が国費、つまり税金ですが、そのメインは運営交付金という大学に毎年支給される補助金で763億円です。授業料は165億円と収入に占める割合は7%程度です。支出では、人件費が1009億円で42%ほどを占めます。つまり、毎年入ってくる運営交付金と授業料では人件費に届かないくらいです(附属病院による収益はかなり大きいですが、ここでは除いています)。多くの大学において運営交付金が収入に占める割合はもっと大きいと思います。気になる人は「大学名 財務諸表」で検索してみてください。

@kaityo256
kaityo256 / test.cpp
Created Jul 28, 2020
Redefined macro
View test.cpp
#include <cstdio>
#define A 1
#define B 1
#define A B // test.cpp:5:0: warning: "A" redefined
int main() {
printf("%d\n", A);
}