Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Avatar

Yoshiaki Kawazu kawaz

View GitHub Profile
@kawaz
kawaz / noerror.js
Created Mar 3, 2022
ムシャクシャしてやった。今は反省している(午前の進捗ぅううう…)
View noerror.js
    // おまじない
=ᡸᡸ=>
    // SyntaxErrorはもちろん、ランタイムエラーすら出さずに実行可能
```
ᡸhi
ᡸ```
@kawaz
kawaz / install-awscliv2.sh
Last active Mar 2, 2022
install aws-cli v2 with oneline
View install-awscliv2.sh
#!/bin/bash
( set -ex -o pipefail && \
d="$(mktemp -d)" && \
cd "$d" && \
trap "$(printf "rm -rf %q" "$d")" EXIT && \
curl "https://awscli.amazonaws.com/awscli-exe-linux-$(uname -m).zip" -o awscliv2.zip && \
unzip awscliv2.zip && \
sudo ./aws/install --update )
@kawaz
kawaz / volume-ctl.sh
Last active Feb 22, 2022
Adjusting the volume on macOS with CLI
View volume-ctl.sh
#!/bin/bash
# https://gist.github.com/kawaz/5aa9d792798ba49aace14d17b4e68b3e
set -eo pipefail
usage() {
echo "Usage: $0 subcommand [args]"
echo " $0 get [output|input|alert|mute] get volume settings"
echo " $0 set [output|input|alert] 0-100 set volume"
echo " $0 set mute [true|false] set mute status"
echo " $0 help show this help"
View twitter-search-default-to-live.user.js
// ==UserScript==
// @name Twitter search default to live
// @namespace http://tampermonkey.net/
// @version 0.6
// @description Twitter検索のデフォルトタブを「話題のツイート」から「最新」に変更する
// @author kawaz
// @supportURL https://twitter.com/kawaz
// @updateURL https://gist.github.com/kawaz/33e60bd3fbba4e5cc1615d30b97f8ad4/raw/twitter-search-default-to-live.user.js
// @downloadURL https://gist.github.com/kawaz/33e60bd3fbba4e5cc1615d30b97f8ad4/raw/twitter-search-default-to-live.user.js
// @match https://twitter.com/*
@kawaz
kawaz / README.md
Last active Oct 20, 2021
docker/docker-compose を nerdctl に置き換えるラッパースクリプト。Mac環境での lima のセットアップ補助も兼ねてる。
View README.md

Introduction

Docker Desktop は有料化云々については元々リポジトリとして便利に使わせて貰ってて課金済みだったしどうでもよくて。それよりも Docker Desktop for Mac が重くて消費電力馬鹿食いするのに辟易したので、この機に lima を試してみることにした。

そしたら導入は簡単だし Docker Desktop に比べてかなり負荷も軽い(アイドル時にアクティブモニタで見るとCPU3%程度)し、面倒かなと思ってたポートフォワードについても lima が勝手に自動ポートフォワードしてくれるので QEMU 内で動いてるコンテナ内のサーバプロセスへのポート開けとかの作業は一切不要で普通に localhost でアクセス出来ちゃうし超便利だった。て事でまだ30分くらいしかさわってないけど気に入ったので Docker Desktop はサクサク消す事にした。

更に最初は nerdctl って打つのに慣れない(明日には忘れてるはず)ので今まで通り docker/docker-compose のコマンドで lime nerdctl がたたけるようにするラッパーコマンドを作っておいた。これは未来の自分が lima や nerdctl の導入や使い方について忘れたときの備忘録も兼ねている。

lima の細かい設定についてはここでは書いてない。というか何もしてない状態で今のところ特に不満は無い。ホストのリソースをどれくらい使って良いかとか変えたくなったら ~/.lima/ 内の設定を弄ったりすれば良いと思うが必要になったときにググればよい。

Setup

@kawaz
kawaz / analyzeCode.js
Last active Sep 29, 2021
javascriptのcodePointAtとcharCodeAtの使い方や文字数の数え方などの練習
View analyzeCode.js
const toCodeUnit = s => s.split("").map(u => `\\u${u.charCodeAt(0).toString(16).toUpperCase().padStart(4, 0)}`).join("")
const toCodePoint = s => [...s].map(p => `\\u{${p.codePointAt(0).toString(16).toUpperCase()}}`).join("")
const splitToVisualChars = s => [...s].reduce((c, p, i, a) => {
let description = p
if (p == "\u200D") {
// ZERO WITH JOINER
description = "ZWJ"
} else if ("\u{180B}" <= p && p <= "\u{180D}") {
// モンゴル文字専用のモンゴル自由字形選択子(3個)
description = `FVS${p.codePointAt(0) - 0x180B + 1}`
@kawaz
kawaz / csprng.js
Last active Sep 5, 2021
ブラウザのJavascriptで暗号論的にセキュアな疑似乱数を使って指定範囲の整数の乱数を得る方法。
View csprng.js
/**
* a以上b以下の整数の乱数を生成する
* @param {number|bigint} a
* @param {number|bigint} b
* @returns {number|bigint}
*/
function getRandomIntBetween(a, b) {
if (b < a) {
// [a, b] = [b, a]
const t = a; a = b; b = t;
@kawaz
kawaz / tools.js
Last active Aug 20, 2021
よく使うJSの便利関数的な奴 tools.js
View tools.js
// Timeout付きInterval。cbに渡されるstopで繰り返しを停止することも出来る
const setIntervalTimeout = (cb, interval = 200, timeout = 5000) => { const stop = () => { clearInterval(i); clearTimeout(t) }, i = setInterval(cb, interval, stop), t = setTimeout(stop, timeout); cb(stop); return stop }
// querySelector のショートハンド
const query = (target) => target instanceof Element ? target : typeof target === 'string' ? document.querySelector(target) : null
const queryAll = (target) => target instanceof Element ? [target] : typeof target === 'string' ? [...document.querySelectorAll(target)] : []
const myStyle = (id) => myStyle[`$${id}`] ?? (myStyle[`$${id}`] = (document.head.append(document.createElement('style')), document.styleSheets.item(document.styleSheets.length - 1)))
const newRule = () => (s => (s.addRule(), s.cssRules[s.cssRules.length - 1]))(myStyle())
@kawaz
kawaz / superInterval.js
Last active Mar 11, 2021
タブがバックグラウンドになってもサボらない setInterval
View superInterval.js
const superInterval = (cb, interval=1000, ...args) => {
try {
const code = `self.addEventListener('message', msg=>{setInterval(()=>self.postMessage(null), msg.data)})`
const w = new Worker(`data:text/javascript;base64,${btoa(code)}`)
w.onmessage = () => cb(...args)
w.postMessage(interval)
return {stop:()=>w.terminate()}
} catch(_){
// 実装の問題またはCSPによる拒否などで Worker が使えなければ普通の setInterval を使う
const id = setInterval(cb, interval, ...args)
@kawaz
kawaz / README.md
Last active Jul 6, 2021
ジョブカン勤怠の画面の使いづらいところを個人的に勝手に直すユーザスクリプト jobcan.user.js
View README.md

インストール

TamperMonkey拡張をインストール済みのブラウザで以下URLを開くとユーザスクリプトのインストール承認画面が出てくると思う。 https://gist.githubusercontent.com/kawaz/8f08bbc218ab16b92f5e018801cec668/raw/jobcan.user.js

機能

  • 日付セレクタの -年-月-日 の『日』のセレクタに曜日表示をつけ足す
  • 打刻一覧テーブルで「修正レコードが全て承認された」という前提で以下の色つけなどをする
    • 『開始-終了』のペアが分かりやすいよう青のグラデーション背景にする
    • 『開始』で終わってる場合は赤くする(エラーなので
  • 削除レコードはグレーにする