Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Matsushima, Kazuhiro Gab-km

Block or report user

Report or block Gab-km

Hide content and notifications from this user.

Learn more about blocking users

Contact Support about this user’s behavior.

Learn more about reporting abuse

Report abuse
View GitHub Profile
@voluntas
voluntas / erlang.rst
Last active Jun 4, 2019
Erlang/OTP (仮)
View erlang.rst

Erlang/OTP (仮)

日時:2016-09-21
作:@voluntas
バージョン:1.0.1
url:https://voluntas.github.io/

2016 年 6 月 24 日に行われる BPStudy の発表資料です

View distribute_setup.py
#!python
"""Bootstrap distribute installation
If you want to use setuptools in your package's setup.py, just include this
file in the same directory with it, and add this to the top of your setup.py::
from distribute_setup import use_setuptools
use_setuptools()
If you want to require a specific version of setuptools, set a download
View NestedGenerics.md

型変数の部分適用のC#版

というほど大げさな話ではなく

public class Key<TKey>
{
    public Dictionary<TKey, TValue> CreateDictionary<TValue>()
    {
        return new Dictionary<TKey, TValue>();
@gakuzzzz
gakuzzzz / 1_.md
Last active Oct 18, 2019
Scala の省略ルール早覚え
View 1_.md

Scala の省略ルール早覚え

このルールさえ押さえておけば、読んでいるコードが省略記法を使っていてもほぼ読めるようになります。

メソッド定義

def concatAsString(a: Int, b: Int): String = {
  val a_ = a.toString();
  val b_ = b.toString();
@katzchang
katzchang / README.md
Last active Aug 15, 2017
Steve Freeman氏とのペアプロ雑感 #tddbc
View README.md

Steve Freeman氏とのペアプロ雑感

http://tddbc.doorkeeper.jp TDD Boot Camp 2013-07 -- TDDBC で、偶然にもロンドンから来日していたSteve Freeman氏を招くことができた。ちなみに本当に偶然の来日で、その日の夕方にご家族と隅田川の花火を見る予定だったらしい。貴重な時間である。

20分ほど講演していただき、さらに参加者と一緒にペアプロ課題に挑戦してもらった。しかもペアプロでっていう貴重な体験をさせてもらったので、そのことについてまとめたい。

Steve Freeman氏は書籍 "Growing Object-Oriented Software, Guided by Tests" (邦訳「実戦テスト駆動開発」)の共著者の一人で、Javaのモックフレームワーク "JMock"の開発者の一人。当然、自動販売機の課題にもJMockを駆使してモデリングしていただくことになった。

Start from the outside

@koturn
koturn / lambda.c
Last active Feb 25, 2019
C言語におけるラムダを関数マクロで実現したものです。 GNU拡張文法(複文の式化、関数内の関数定義)を用いているので、gccでしか用いることができません。 また、トップレベルで用いることも不可能です。 C++でもコンパイルエラーにならないように、C++0xのラムダに変換するようにしています。 利便性を考え、ある程度の省略表記を許すようにしています。
View lambda.c
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
#include <string.h>
/*!
* @brief GNU拡張機能を用いたラムダ関数を実現するマクロ
*
* gccもしくはC++0x対応コンパイラでのみコンパイル可能<br>
* トップレベルで用いることはできない
View HttpStatus.fs
type HttpStatus =
{ Code: string; Message: string }
override self.ToString () = sprintf "%s %s" self.Code self.Message
let httpStatus code message = { Code = code; Message = message }
let httpStatusList =[
httpStatus "100" "Continue";
httpStatus "101" "Switching Protocols";
httpStatus "102" "Processing";
@seratch
seratch / build.sbt
Created Dec 1, 2011
Scala School - Testing with specs2 examples
View build.sbt
organization := "net.seratch"
name := "sandbox"
version := "0.1"
scalaVersion := "2.9.1"
libraryDependencies ++= Seq(
"junit" % "junit" % "4.9" withSources(),
@bleis-tift
bleis-tift / Program.fs
Created May 3, 2011
F#で文字列をeval
View Program.fs
open Microsoft.FSharp.Compiler.CodeDom
open System.Reflection
open System.CodeDom.Compiler
type EvalResult<'a> =
| CompileError of string seq
| RuntimeError of exn
| Success of 'a
let eval args expr =
You can’t perform that action at this time.