Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Avatar

Bolero MURAKAMI bolero-MURAKAMI

View GitHub Profile
View 正誤.txt
 一
元:敷地内の駐輪場を出て昇降口に着いても湧田とフェルミは二人一緒だった。
正:敷地内の駐輪場を出て昇降口に着いても和久田とフェルミは二人一緒だった。
 六
元:一般的な人間なら、ここで少しは起こるようなそぶりを見せたりするのだろうか、
View a.md

右辺値参照は、右辺値を束縛する参照である。
& で宣言される参照型を左辺値参照と呼ぶのに対して、&& で宣言される参照型を右辺値参照と呼ぶ。
C++11 以前では、右辺値参照と左辺値参照を区別しなかったため、右辺値はconst左辺値参照 (const&) に束縛するよう扱われていた。
そのため、右辺値のみに対して特別な処理を記述することができなかった。

  vector<int> v, vv;
  v = vv;                  // 代入式1
  v = vector<int>(100, 0); // 代入式2
View ふたりのハードプロブレムあらすじ.rst
 ままならない心なんて持たない機械になりたい。そんな思いを抱く不登校の女子大生、青山希海の前に突然現れたアンドロイドの少女リコ。主人と記憶を喪い廃棄寸前のリコを引き取った希海は、次第に彼女と心を通わせていく。
 しかしあるときリコの裸を目撃した希海は、彼女の製造目的に不信を抱きながらメーカーを訪れる。そこで閉律症と呼ばれる病のアンドロイドの少年に出会い、行きがかり上施術を担う。閉律症とは、心の中に形成された精神空間から目覚めなくなる病気。その治療方法は脳どうしを電子的に接続し、精神空間でだけ発揮できる異能力によって連れ戻す〈ルーミング〉。施術に成功した希海は、担当者からリコの設計思想を聞き出す。「人間に限りなく近い心の機械を造ること」それは希海の思いと相容れないものだった。なぜ人はアンドロイドを人の似姿として造ったのか? そんなリコの問いに希海は答える言葉がない。
 クリスマスイブを一緒に過ごし、心が近づくのを感じたふたりのもとに鳴り響く電話。希海は大学に戻らざるをえなくなり、時を同じくしてリコの記憶が戻る。かつての主人の死という真実に打ちのめされたリコと諍いになる希海。そしてリコは、精神的ショックから閉律症に罹患してしまう。
 リコを助けるためルーミングに挑む希海だったが、それを拒むリコの強力な能力に為すすべもない。幾度となく斃され、それでも立ち上がる希海の耳にリコの独白が響く。「心なんてない機械に生まれたかった」それは、希海の思いと同じものだった。同じ存在であるリコを、だからこそ救わなければと決意した希海は、最後の力で閉じた精神空間を打ち破る。
 その後、回復したリコとともに歩く希海は、ひとつの答えをリコに語る。人はどうしようもない喜びや悲しみを、それでも分かち合う存在が必要だったのだ、と。そして、同じ心(ハードプロブレム)を抱えるふたりは、ともに手を握り合う。
View a.rst

【原文】

(…………)
 再び鳴り始めた目覚まし時計にはっとする。時計を見ればもうそろそろ準備を始めなければ危ない時間帯。いけない。ぼさっとしていては授業開始初日から遅刻してしまうではないか。
 藤白は目覚まし時計のスヌーズを切るとカーキ色のズボンに足を通し、制服に着替えた。朝食を抜いて顔を洗い、寝ぐせを適当に直して人民帽を浅くかぶる。靴を履いて玄関の外にでると、そこに立っていたのはさきほどの少女。
「遅い。早くしないと遅れる」
 紀佳はそう言ってじとりとした目つきで藤白を睨んでみせる。いつもと変わらなぬ、少しわざとらしいくらい普段通りの仕草だった。
「紀佳……あのさ俺……」
「もういいから。私その話したくない。それより早くいこ?」
View The Phantom Agony (prologue).md

 濃密な雨の匂い。

 大地からむわっとたちのぼる、むせるようなジオスミン。古代ギリシアのアリストテレスはこれを「虹の匂い」と呼んだ。

 けれど雨上がりの空にまだ虹は見えない。虹はどこに隠れているのだろうか?

 私は建物の前で足下がぬかるんでいないことを確認する。

@bolero-MURAKAMI
bolero-MURAKAMI / brainfuck.cpp
Created Dec 23, 2014
constexpr Brainfuck compiler (x86)
View brainfuck.cpp
#include <cstddef>
#include <cstdint>
#include <iterator>
#include <iostream>
#include <fstream>
#include <sprout/config.hpp>
#include <sprout/endian_traits.hpp>
#include <sprout/string.hpp>
#include <sprout/array.hpp>
View gist:2d450ef6dabacb721ce8

KTL (KiriKiri Trivial Library) DLL

吉里吉里2/吉里吉里Z のための拡張機能ライブラリ KTL の DLL プロジェクト

Documentation

View gist:9201a996c1d49fd2b3ab
/*=============================================================================
Copyright (c) 2011-2014 Bolero MURAKAMI
https://github.com/bolero-MURAKAMI/Sprout
Distributed under the Boost Software License, Version 1.0. (See accompanying
file LICENSE_1_0.txt or copy at http://www.boost.org/LICENSE_1_0.txt)
=============================================================================*/
#include <boost/range/functions.hpp>
#include <boost/range/metafunctions.hpp>
View gist:1a0070870c6965aaf3e9
/*=============================================================================
Copyright (c) 2011-2014 Bolero MURAKAMI
https://github.com/bolero-MURAKAMI/Sprout
Distributed under the Boost Software License, Version 1.0. (See accompanying
file LICENSE_1_0.txt or copy at http://www.boost.org/LICENSE_1_0.txt)
=============================================================================*/
#include <boost/range/functions.hpp>
#include <boost/range/metafunctions.hpp>
View filegraph.cpp
/*=============================================================================
Copyright (c) 2011-2014 Bolero MURAKAMI
https://github.com/bolero-MURAKAMI/Sprout
Distributed under the Boost Software License, Version 1.0. (See accompanying
file LICENSE_1_0.txt or copy at http://www.boost.org/LICENSE_1_0.txt)
=============================================================================*/
#include <boost/range/functions.hpp>
#include <boost/range/metafunctions.hpp>