Skip to content

Instantly share code, notes, and snippets.

Embed
What would you like to do?
社会資本整備総合交付金に係る中野区文書(平成29年度、平成30年度、令和元年度)(初版: 2019-08-05。最終更新日: 2019-08-05)

中野区の平和の森公園再整備に投入されている国庫補助金は「東京の防災力を向上させる公園緑地整備(防災・安全)」

中野区の平和の森公園再整備工事(公園部分)には補助金が投入されています。 とくに、平成29〜30年度(2017年4月1日〜2019年3月31日)の第1工区、第2工区の工事には補助金としては次の1つの国庫補助金だけが投入されています:

  • 国土交通省 社会資本総合整備事業費 防災・安全社会資本整備交付金 「東京の防災力を向上させる公園緑地整備(防災・安全)」

この「」内の名称でいう防災は大地震による災害を防ぐためのもので、風水害など他の天災を防ぐためのものではありません。 中野区は "燃える可能性のある" 大量の発泡スチロールを「地震防災」のための補助金で買い、広域避難場所の平和の森公園草地広場の全面に埋設したということです。 明らかに補助金詐欺(目的外使用)にあたりますので、関係諸機関に通報しようと思います。

このことは、国土交通省と中野区の両方に開示させた公文書を調査して判明しました。以下に、開示された全文書、それに対する考察を載せます。

国土交通省開示

請求文書名: 社会資本総合整備事業に係り中野区から取得した文書の一切。例えば、整備計画、事業評価の結果が分かる資料、実施に関する計画、交付申請書等。平成29年度、平成30年度、令和元年度を対象。

中野区開示

国土交通省へ出した開示請求と同内容で、中野区にも開示請求を出しました: 社会資本総合整備事業に係り中野区が作成しあるいは国土交通省に提出した文書の一切。例えば、整備計画、事業評価の結果が分かる資料、実施に関する計画、交付申請書等。平成29年度、平成30年度、令和元年度を対象。

まず、2019年5月18日ごろに総務部施設課あてに上記情報公開請求を送付したところ、6月2日ごろに別件の情報公開請求でわたしが公園緑地課に出向いた際に施設課職員に待ち伏せられ、「こんな開示請求出されたらダンボール箱何箱にもなっちゃうよ、各所管ごとに絞って出せよ。このままじゃ出せねえよ」と口頭で言われ、その場で情報公開請求を取り下げる文書にサインさせられました。けっこう怖かったです。("事情A")

そこで言われた通り、

  • 総務部施設課
  • 都市基盤部公園緑地課
  • 健康福祉部スポーツ振興課

に同じ請求内容を3通再送付(総務部施設課には、出せないと言っていた理由を明記した不存在決定書を要求)し、それぞれに上記"事情A"を説明するメモを添付したところ、すぐに健康福祉部スポーツ振興課から「他の部署にも相談して、うちで全部まとめて出します。CDで出せます」と電話でお知らせがありました。その後、情報公開決定され、7月29日に受領したものが以下のPDFファイルです。総務部施設課の怖い職員の方の恫喝は何だったんでしょうね。ここにあるのを紙で出しても段ボール1箱には収まると思いますよ。

開示された文書からわかること

国土交通省開示の文書は、全部が1つのPDFにまとめられており、そこから平和の森関連を探し出すのが大変です。目次を作っておきました(上述)ので、文字列「東京の防災力を向上させる公園緑地整備」でページ内検索すると発見できます。

一方、中野区開示の文書は平和の森公園関係がまとまってフォルダーに格納されていました(上記の① 公開文書(都市公園))。その部分だけ読めば、平和の森公園関連の申請の流れはわかるのではないかと思います。一般に、ある年度の補助金は、概算要望→本要望→内示→計画提出→交付申請→交付決定[→交付決定変更申請→交付決定]→完了実績報告→請求書提出という流れで貰えます(ただし[ ]内は何度か繰返すかもしれない)。

1. 東京の防災力を向上させる公園緑地整備(防災・安全) という名目で "燃える可能性がある" 発泡スチロールが買われている

平和の森公園再整備工事に投入されている補助金が

  • 国土交通省 社会資本総合整備事業費 防災・安全社会資本整備交付金 (計画名: 「東京の防災力を向上させる公園緑地整備(防災・安全)」)

だけであるという事実(唯一性)の論証はかなり大変です。というのは、予算書、決算書の上で、工事費は他の都市公園整備の項目と一括にされ、補助金も特定財源として一括にされてしまっているためです。要望があればその論証をここに書きますが、とりあえずわたしのこの論考の初版として、この「東京の防災力を向上させる公園緑地整備(防災・安全)」というふざけた名目の補助金が "燃える可能性がある" 発泡スチロールを買うために投入されているということは、次に列挙する事実から明らかであるとみなしておきます:

  • 「東京の防災力を向上させる公園緑地整備(防災・安全)」の事業として、平和の森の体育館だけでなく公園部分も挙げられている
  • 中野区開示の約5,000ページの文書では、"燃える可能性がある" 発泡スチロールが図面において「国費」と区分されている
  • 中野区開示の約5,000ページの文書に含まれる「報告書1.pdf」p.177 に『本工事は国土交通省の「都市公園事業」として国庫補助金を活用している』とあり、今回開示された要望書などに添付の様式3-1(下の画像参照)などでは国土交通省社会資本総合整備事業費防災・安全社会資本整備交付金の事業種別として「①-I 都市公園事業」に分類されている
  • 平和の森の体育館ではなく公園部分に使える補助金が今回の国土交通省開示の全文書の中に他に存在しない

ここで注意しておきますが、実施設計や契約書の図面や表で「国費」と書かれている部分は、国庫補助金の対象になる工事を表しています。ですから、そこに書かれている金額は、全額が国費ということではなく、国庫補助金から補助金毎に定まっている補助率(「東京の防災力を向上させる公園緑地整備(防災・安全)」の場合は50%)で補助され、残りは別の財源で補填されるということになります。また、補助金対象工事で全額を使わなかった場合には使わなかった補助金相当の分を返納する必要があります。

つまり、実施設計報告書には(コンクリート滑り台の分を除き、草地広場全面に埋設する)発泡スチロールの代金が1億213万円(102,130千円)と書いてありますので、その値段で施工業者が工事をするという近似の下では、その半分の51,065千円が国庫補助金であることになります。実際には実施設計→入札→契約というプロセスが入ってますし、施工業者は同仕様の安い同等品を買うことができますので、この額と投入されている実際の補助金の額は少し異なるかもしれません。

さて、上に述べたように、発泡スチロールを地震防災名目の補助金約5100万円を含む総額約1億円分買って広域避難場所に大量に埋設したということで、これは補助金詐欺(目的外使用)です。さらに、開示された文書には樹木伐採についてもこんなことが書かれています。

H30 本要望 (dragged)

H30本要望.pdf p.18より)

公園の設置目的及び主要施設の整備状況

広域避難場所内において防災機能を有する大規模公園として、現在5.4haを供用区域として解放している。公園内の現状として、降雨時に利用できる運動施設の不足といったスポーツ・レクリエーション機能に関しての課題や、敷地外周部分の防火樹林帯の木々が鬱蒼としているなど、様々な面で問題を抱えている。さらに広域避難場所としてオープンスペースの拡充などの防災機能の強化が求められている。

中野区、予想以上にひどいな。。。防火樹林が鬱蒼としてるのを防災の補助金使って伐採かよ。。。嘘だろ。

2. 公文書偽造

国土交通省と中野区が開示した公文書には同一の文書が多数含まれています。ところが、同一のはずの文書の一部が異なるものが開示されています。

次の2つのPDFファイルは、国土交通省と中野区が開示した公文書の関連するページを抜き出し、順番を入れ替えて、その同一性が確認しやすいようにしたものです。先頭からのページ数が同じなら同じ文書でなければいけません。

  • 国交省開示.pdf。真正な文書
  • 中野区開示.pdf。改竄されている文書
    • 上の国交省開示文書と異なる部分には赤線を引いた。p.9以降に(公印が無い以外の)偽造や改竄は無いが、p.10とp.14、p.12とp.16を比較すると、平成29年度末で事業が継続なのか新規なのかが問題になったことがよくわかる(後述)

上の2つのPDFは開示された公文書たちから次の部分を抜き出してまとめました。

p. 起案日 記番 中野区開示は偽造 表題 計画名 国開示 区開示
1 2017/04/03 29中都公第71号 公印無し 平成29年度社会資本整備総合交付金交付対象事業の実施に関する計画の提出について 東京の防災力を向上させる公園緑地整備 57 H29実施に関する計画(p.1)
3 2017/08/15 29中都公第471号 平成29年度社会資本整備総合交付金交付決定変更申請書 東京の防災力を向上させる公園緑地整備(防災・安全)[(第1回目変更)] 111 H29交付申請(変更、平和の森造園工事部分)(p.2)
6 2017/10/06 29中都公第673号 日付、表 平成29年度社会資本整備総合交付金交付決定変更申請書 東京の防災力を向上させる公園緑地整備(防災・安全)[(第2回目変更)] 114 H29変更交付申請(変更、長寿命化分)(p.4)
2017/10/13 (この日、平和の森公園再整備工事請負契約締結)
9 2018/04/02(国交省受付印 2018/06/21) 30中都公第270号 表をp.14と比較せよ 平成30年度社会資本整備総合交付金交付対象事業の実施に関する計画の提出について 東京の防災力を向上させる公園緑地整備(防災・安全) 208 H30実施に関する計画(p.4)
11 2018/04/02(国交省受付印 2018/06/21) 30中都公第270号 表をp.16と比較せよ 平成30年度社会資本整備総合交付金交付対象事業の実施に関する計画の提出について 緑豊かな首都東京をつくる公園緑地整備(その2) 255 H30実施に関する計画(p.2)
13 2018/04/02(国交省受付印 2018/07/12) 30中都公第336号 公印無し 平成30年度社会資本整備総合交付金交付対象事業の実施に関する計画の変更について 東京の防災力を向上させる公園緑地整備(防災・安全) 210 H30実施に関する計画(変更)(p.2)
15 2018/04/02(国交省受付印 2018/07/12) 30中都公第336号 公印無し 平成30年度社会資本整備総合交付金交付対象事業の実施に関する計画の変更について 緑豊かな首都東京をつくる公園緑地整備(その2) 257 H30実施に関する計画(変更)(p.4)

どうやら中野区は、平成29年度交付金を都(を通して国)に要望する際、平和の森公園の工事が複数年度にまたがることを失念していたようです。2年目(平成30年度)に初年度と同じ補助金を申請しようとして、書類の不備から新規扱いになり、交付決定が約半年遅れました。

複数年度にわたる公共工事の契約は、予算案を区議会にかける際に「債務負担行為」の議決が必要です(通常は予算案と一緒に議案として出されます)。平成29年度当初予算の予算書 pp.192-193 「債務負担行為(新規)」を参照すると、

事項 期間 限度額 特定財源 一般財源
平和の森公園再整備工事 平成30年度〜平成31年度 1,478,500 1,452,000 26,500

(金額の単位は千円)

となっており、また、その説明として

  1. 債務負担行為の理由。期間が3年度にわたり、年度別の契約が困難なため
  2. 事業内容 (1) 内容。平和の森公園再整備工事。(2) 経費区分。①総事業費 1,823,000。②平成29年度歳出予算計上額 344,500。③債務負担行為計上額 1,478,500

と記されています。つまり、中野区的には債務負担行為であると認識して予算案を作り、議会に提出し議決したのです。上で述べたような中野区文書の改竄は、債務負担行為にあわせた補助金獲得(補助金の執行状況はわりとゆるく管理され、余った補助金の返納もゆるく管理される)のつもりだったのが、補助金申請の書類不備から単年度で締めないといけない状況になったため起こったことではないでしょうか。事業費の本当の執行状況を国交省に報告してしまったところ、そのままでは単年度で事業が終わってしまい、債務負担行為の平成29年度歳出予算計上額を大幅に下回ってしまう。中野区的には事業が滞ったことになって自発的に余った補助金を返納することになってしまう(?)。だから、事業費を過大に執行したことにする改竄をしたのではないでしょうかね。(よくわかってません)

これって、法律的、財務会計的にOKなの?教えて詳しい方。

とりあえず、公文書偽造に関しては各方面に通報しておきました。

by @orangkucing

(初版: 2019-08-05。最終更新日: 2019-08-05)


他の資料へのリンク

発泡スチロール関連

関連するまとめなど

Sign up for free to join this conversation on GitHub. Already have an account? Sign in to comment
You can’t perform that action at this time.